FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Easter!

今年も Easter Sunday がやってきました。

easter 2018

今年はエイプリルフールと重なりましたね。エイプリルフールといえば、フランス語では、Poisson d'avril(プアソン ドゥ アヴリィル)と言って、4月の魚という名前で呼ばれています。

chocolate fish


高校を卒業し父の暮らしていたパリに1カ月遊びに行ったのですが、どこもかしこもお菓子屋さんには魚の形をしたカラフルなチョコレートがいっぱいでした。今から30年以上も前の話ですが・・・・

それが私にとって初の一人で乗る飛行機でした。最安値のアエロフロートで、モスクワ1泊のトランジットでパリに飛びました。機内で大きなロシア人に左右を囲まれ身動きとれなかったです。機内食での初キャビア。なんだろう、この黒いツブツブは? 左右のロシア人をマネて黒パンにのせて食べたら、超絶おいしかったことを覚えています。

Bears English Clubも4月から新年度を迎えクラスのメンバーも変わるので、旧クラスのうちに今までのお友達と一緒に一足早く、Easter を楽しみました。

Easterは、キリストの復活を祝うキリスト教徒のお祭りですが、日本では春のイベントとして少しずつ広まってきているようですね。ダイソーにもイースターコーナーがありましたから。

ゆで卵にEgg Coloringをして、好きな色に染めて飾りをつけます。女の子はデコるのは大好きなので時間がかかりますが、男の子にはそういう感覚はないようで、あっさり染めて多少文字を入れたりテープをつけるぐらいであっという間に完成です。

girls egg coloring

easter mice

wed class easter eggs

その後は、庭におもちゃのエッグシェルを隠して、それを見つけるEgg Huntingを楽しみました。今年はクラスによっては、隠すのも子供に任せて、順番に探してみました。隠す方は苦労しないのですが、見つけるのは一苦労です。なんと、庭の石を動かしてその下にエッグを埋めてしまう子もいました。これじゃ、いくら時間があっても見つけられません

monday 1530 class

monday 17 class

無事に全クラス、すべてのeggsを回収できてヤレヤレです。最後はお菓子をシェルから回収します。



4月からは新年度です。クラスの時間変更、曜日変更のある方は、注意してくださいね。

現在、4クラスで生徒さんを募集しています。

・月曜日 5:30クラス 小4生以上
・水曜日 4:20クラス 小1~小3生
(クラス新設のため、初めて英語を習うお子さん向けです!)
・水曜日 5:30クラス 小4生以上
・木曜日 3:30クラス 小1~小3生

ご興味のある方は、ぜひ体験レッスン(無料)をお試しください。

体験レッスンのお申し込みはコチラ

お待ちしています



スポンサーサイト

教室発表会 2018

今年も3月11日に発表会を無事開催することができました。全員参加が実現できて、ホッとしました 
参加した子供たち、保護者やご家族のみなさん、本当にありがとうございました

今年の劇は5クラスなので、5つでした。

1.Peach Boy (桃太郎)

peach boy fight


トップバッターは、小4、小5、小6生4人で演じたPeach Boyでした。主役のPeach Boyくん、直前にtoothache(歯痛)で演技ができないほどの痛みに苦しんでいましたが、お母さまがお薬を届けてくださり、無事にスタートすることができました

桃太郎のお話をもとに配役やあらすじをアレンジしました。鬼が島に到着したものの結局鬼は出てこず、代わりに仲間だと思っていたdogの本当の姿はwolfだったというあらすじでした。最後は残っていたKibi-dumplingsを食べたPeach Boyと最後までPeach Boyをうらぎらなかったmonkeyの勝ちでした。結局、鬼ヶ島で宝物を見つけて、大金持ちになり、めでたしめでたし・・・ 連続3回のwolf役のY君、wolf役がすっかり板についていました

全員で練習できたのは2月末までで、あとは3人で練習していました。最後はチームワークバッチリの楽しい劇を披露してくれました。

英語劇出演回数も3回目、4回目となる子供たち、さすがでした

2.Urashima Taro(浦島太郎)

urashima last scene


こちらは小5生4人の劇でした。2 girls vs 2 boys ということで、普段の練習では対立することもありましたが、本番はしっかりチームワークを発揮して、まとまった劇をみせてくれました。セリフを間違えても、自分で間違いに気づいて修正していましたね。
しっかり英語を理解している証拠です。やるときは、やる! という対応力をみせてくれました
劇の挿入歌のディズニーの Under the Sea をとても上手に歌ってくれていて、劇にピッタリでしたね


3.What Makes a Rainbow? 
 (虹は何でできているの?)

rainbow_20180401162239b0b.jpg

絵本から劇にした作品です。全員が英語劇初挑戦です。小1生が昆虫や動物でそれぞれの色をアピールし、rabbit役の3年生がお話を進めてくれました。セリフもハキハキと言えて、全員が自分の役割を100%、果たしていましたね 初めてでこの出来とは、本当にスゴイです


4.We're Going on a Bear Hunt
(クマ狩りに行こう!)

bear hunt

こちらも絵本から劇にした作品です。Bear Huntのハチマキをして、元気よくクマ狩りに行くのですが、実際に洞穴でクマに遭遇した後は一目散に逃げ帰ってきます。

今年2回目の英語劇となる小3生。去年よりも英語を聞き取る耳ができてきて、長い文章でもリピートできるようになりましたね。
早々とセリフを全部覚えてしまって、余裕の子もでてきました。みんな自分のセリフを上手に言うことができていました。

私の79才の母にクマ役をお願いしました。苗字が熊澤という名前なので、ピッタリだったかもしれません どうもありがとうございました

5.Three Bears (三匹のクマ)

three bears

英語劇、初挑戦の2人を加えて4人で演じてくれました。Bears Family の Papa Bear, Mama Bearを小5生が、Baby Bearを小3生が演じてくれました。勝手にBear Houseに入って、スープを飲んだりベッドに寝てしまうお転婆の女の子は、小6生が担当してくれました。全員のキャラクターの雰囲気がピッタリ合って、息の合った劇を披露してくれました


11月頃から脚本を準備して12月から少しずつ台本を覚え、1月半ば頃から立ち稽古をはじめ2月に追い込んで、3月の発表会を迎えました。一人ひとりがそれぞれの役割をしっかり果たさないと成り立たない英語劇ですが、子供たち、弱音を吐くこともなく最後までやり遂げてくれました。劇の感想を聞くと、みんな「楽しかった!」と言ってくれました

身近に英語を使う場面はまだまだ少ない日本ですが、英語劇の中で自分の身近な友達や兄弟姉妹が英語を使っている姿を見て、「もっと英語を頑張りたい」と思う子供たちがたくさんいます。

準備から発表、片付けと何かとバタバタして、発表会が終わるとすっかり疲れ切ってしまう私です 歳のせいか、かなり辛いです
教室をスタートしてから今年で12年目、創業当初からずっと続けてきた英語劇発表、とても大変だけれど続けていくだけの価値はあるのかなと思うので、来年も頑張りたいと思います



追記を表示

Bears English Club 教室発表会 明日開催!

明日、いよいよ、Bears English Club の教室発表会が開催されます。
念のため、日時と場所です。

3月11日 日曜日 4:30~6:30 (開場:3:40)
南町共栄会館にて
参加費 : 3歳以上のお子さまのみ 500円

この教室発表会では、例年、クラスごとに英語劇を発表しています。
2007年に英語教室をスタートして以来、毎年、英語劇を発表しています。

今回のプログラムのご紹介です。

1.Peach Boy (桃太郎)

 小学4、5、6年生4名による発表です。
 鬼ヶ島に行ったら、なんと鬼はいませんでした。
 そのかわり、仲間の中に恐ろしいオオカミが・・・・。

2.Urashima Taro (浦島太郎)

 小学5年生4名による発表です。
 お馴染みの浦島太郎を演じます。

3.What Makes a Rainbow? (虹はなんでできているの)

 4月からスタートしたクラスの初めての英語劇発表です。
 小1生3名、小3生2名による色をテーマにしたかわいらしい劇です。

4.We Are Going On a Bear Hunt (クマ狩りに行こう)

 英語劇は2回目となる小3生5名による発表です。
 勇ましくクマ狩りに出かけたのですが、いろいろな障害が!

5.Three Bears (3びきのクマ)

イギリスの有名なおとぎ話です。3びきのクマの家に好奇心旺盛な女の子が登場します。
 小3生1名、小5生2名、小6生1名が演じます。


12月から少しずつレッスンの中で練習してきました。明日はいよいよ本番です。
子供たちの精一杯の姿を目に焼き付けたいと思います

私も頑張ります
 






通訳案内士試験、再び一次試験敗退!

8月に受験した通訳案内士の資格ですが、今月ようやく一次試験の結果がわかり、日本地理で不合格になったことが判明しました。去年に引き続き今年も二次試験に辿り着けません。

日本史は易しかったので、とりあえず来年1年間は免除になりますが、再び日本地理に取り組むかと思うと憂鬱になります。今年の日本地理は難易度が高かったようです。本来70点以上が合格点のところ、58点ぐらいが合格最低点らしいです。歴史に時間を割いた分、地理は勉強不足で数点足りませんでした。

来年は去年合格していた一般常識の免除が切れるので、日本地理&一般常識とダブル受験になります。さらに安全管理などの科目が新たに追加されるらしく、ますます負担増になります。心が折れます・・・・・・

勉強してて一番辛かったのは、老眼で細かな字が読めないことと、机に座って勉強していて腰が痛くなることでした。
来年一度に3科目なんて体力的にもたないので、少しでも負担を減らすために、一般常識の永久免除を狙って大学センター試験で現代社会80点以上を目指すことにしました。高校生にまじって受験するのは、ちと恥ずかしいですが、背に腹は代えられません

次の試練は1月13日の大学センター試験です。早く通訳案内士試験の負のスパイラルから抜け出したい今日この頃です


Halloweenから1カ月

2017年のHalloweenも終わると、すぐそこにChristmasが・・・・。 歳をとるごとに1カ月が短く感じられます。

今年のHalloweenも高齢の両親にお願いしましたが、最近は取り組み姿勢もかなーりルーズになってきています。
少しずつあちらの世界に近づいてきているのでしょう

小2から小6までの子供たちが、クラスごとに分かれてそれぞれコスチュームをつけて、Trick-or-treatingに参加しました。
小2だと怖がる子も・・・。それでもお菓子の力は絶大なもので、時間はかかりながらも近づいて、Trick or treat! と言っていました。

trickortreat2017.jpg

Who are you? と聞かれてそれぞれ変装したものの名前を、I'm a witch. とか、I'm a vampire. とか言うのですが、ほとんどの子が冠詞を抜かしていました。レッスンでnotebookに英作文を書かせるときは注意しているのですが、やはり緊張しているのでしょうね。


treat 2017


もうすぐDecemberです。そろそろ3月の発表会の内容を決めて脚本作りに入らねば・・・・




Appendix

Profile

ママとエイゴ/mamatoeigo

ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

Extra

プロフィール

ママとエイゴ/mamatoeigo

Author:ママとエイゴ/mamatoeigo
ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。