FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

English Diary はじめました!

今日は、旦那様(今日だけは様とつけちゃおう!)のお誕生日cake
お誕生日がうれしい歳でもないけど、親子3人無事にお誕生日を祝えることはとてもうれしいことつぼみろーず2

それを記念に、English Diary を今日はじめてみました。

このブログだけでもメンテナンスがちゃんとできてないのに、さらにもう1つをメンテできるかどうか甚だ疑問ではありますが、英語のトレーニングの一貫でやってみたいと思います。

よかったら、のぞいてみてね。ひよこ

http://eigodeart.blogspot.com/

スポンサーサイト

ホームステイを振り返って

今日は、シアトル子連れホームステイを振り返って、整理してみたいと思います。

子連れホームステイは、1年以上前から漠然といだいていた夢でした。それが今回実現できたのは、会社の事業方針が変更になって私が会社を辞めて自由な時間が持てたからですが、このような素晴らしい経験ができて、本当に良かったと心から思っていますアップロードファイル

「会社を辞めてお金もないのに、どうして?」って思う人も多いと思いますが、お金があっても使わなければないのと同じですし、今だからしかできないことが人生にはいっぱいあるのかなと思います。

今回のステイの目的は次の2つでした。

1.Eigo de Art 教室開講に向けて、英語のリハビリをする。

2.アイリンに日本語が通じない世界を体験させたい。


もともと2週間のホームステイで私の英語力がアップするとは思っていなかったのですが、さらに自分でトレーニングするためのモチベーションがアップしたのは間違いないので、この経験をどう生かすかは自分次第だと思います。

日常会話に支障はなかったので、あとは表現力や語彙を増やすトレーニングや、ニュースやセミナーなど一方的に話される言葉をキャッチするリスニング力を高めていかないといけないようです。
ステイ中にはじめた英語日記も英語力向上に役立ちそうです。

行く前は、ネイティブと英語で話すときは、なんとなく緊張してかたくなってしまう気がしていましたが、今はもっと自然に気構えなく英語を話せるような気がします。


アイリンに関しては、大きな成果がありましたアップロードファイル

アイリンは2歳過ぎた頃から無料でもらった体験版のDVD(ディズニーとか)などを楽しんでいたこともあって、自分から「おへそは英語で何て言うの?」とか、積極的に英単語を覚えようとする気持ちがあったので、3歳近くなると家では自然に私たち2人は次のようなカンタンな英語を使うようになっていました。今では、何か悪いことをして私が謝らないと、I'm sorry 忘れてる!って怒られるほどです。

Good morning!
Good night!
Hello!
Hurry up!
I'm sorry.
Thank you!
You are welcome!
Look!


私が仕事を辞めてホームステイを決意してからは、何かをしなさい!と言うときや怒るときはほぼ英語でしていたので、自分から言葉は出てこなくても大体は理解できていたのではないかと思います。英語で怒っていると、私も日本語で怒るときより少し冷静になれるので、いいかも知れません。

アイリンにとって、外国に行くってことがどういうことなのかは行ってみて初めてわかることですから、その意味で今回の体験はとても貴重な経験でした。

実際にご家庭に入ったアイリンは相手が英語を話してもまったく動じることなく、日本語で相手に話しかけていました。表情や態度が70%で言葉は30%とよく言いますが、お互い言葉がわからなくても十分に意思疎通できていました。

滞在2週目になると、アイリンも自分からカンタンな英語を使うようになりました。つうじるとまたうれしいみたいで、何度でも話していました。

It's hot.
Itchy!
I am thirsty.
No, I am not hungry.
Fun!
See you later!
See you tomorrow!
Wow!
Beautiful!
Lovely!
Cute!
Do you like cats?
Push me!


昨日も今まで発話のなかった表現で、I want to go pee-pee! なんて文章で言えたので、今まで蓄積された表現が少しずつ口に出てきている時期なのかなと思います。

後は今まで以上に生活の中で英語を取り入れて、自然に英語で表現できるように、一緒に楽しみながら進めていきたいと思います。

アイリンが身をもって私に教えてくれたのは、
「コミュニケーションすることが大事で、言葉はその次」
ということです。

私もその精神を大事にして、子供たちにアートの楽しさと英語でコミュニケーションする楽しさを知ってもらえる教室の実現に向けて、精一杯チャレンジしていきたいと思います。

そして忘れてはならないのは、最大の成果は、アマンダという最高の友人にこのステイで出会えたことです。これからはホストマザーとしてではなく、友人としてお付き合いしていきたいと思います。


最後になりますが、今回でホームステイ編はひとまず終了しようと思います。今まで読んでくださった方、どうもありがとうございましたハート
これからはEigo de Artの教室オープンに向けていろいろな勉強と準備を進めていく中で感じたこと、参考になる書籍や資料、出来事などを書いていきたいと思います。

それから英語の勉強のために、English Diaryもはじめようと思っています。これはちょっと変な文章だとか、いろいろご指摘いただけたらうれしいです。

今後ともどうぞよろしくお願いしますrainbow



アメリカ生活雑感

わずか2週間のシアトルだけのステイでしたが、初めて一般のご家庭での生活を体験したので、その中でおもしろかったこと、日本とは違うなぁと思ったことを、書いてみたいと思います。

家で靴を履く?

家で靴を脱ぐのが日本流ですが、むこうでは、そのへんはアバウトです。ステイ先のお宅では、家ではサンダルを履いていたり裸足だったり、気分に応じてって感じでしたね。
アマンダのお友達の御宅では、土禁でした。とてもゴージャスなご家庭でした。

お風呂に入る?

シャワーは浴びますが、お風呂に水を貯めて入ることはしないです。
むこうは湯温器が地下室などに置いてあって、その契約範囲内でしかお湯が作れないので、お湯をためてお風呂に入ったら、すぐにお湯がきれて冷水になってしまいます。
Bath Time

一度アイリンとお風呂にお水を貯めて体を洗っていたときに、お湯が切れてしまって、アレッ? てことになりました。

おトイレは流さない?

お水を大事にしているのか、ホストファミリーは小のときは流さない習慣でした。たまに大でも流してないときがあったので、汚いとかそういう感覚がないみたい。私達は今までの習慣で、いつでも流していました。潔癖症の方は、ホームステイはやめておいた方がいいかも!

洗車ってすごい!

日本にもガソリンスタンドとかに洗車コーナーがあるけど、むこうの洗車って半端じゃなく、エキサイティング。
Car Wash

ルイサが洗車がすごーく好きなようで
「前の席に変わってくれない?」
ってルイサに頼まれたときは、どうしてそんなに楽しいのかわからなかったけど、洗車コーナーに車のタイヤをかませて人が乗車したままで3分間くらい、洗車されながらレールを進む感覚は、ウォーターコースターに近いものがある!

荒れ狂う嵐の中でモップのオバケに襲われて・・・・
ルイサは歓喜で叫んでるし、アイリンは泣き出すし・・・
とにかく、すごかった!

初めて食べたBeetsのお味

むこうのスーパーはとにかく物が豊富だった。シリアルだけでも50種類くらいあったかな。野菜も色とりどり、大量に並べられてて見てるだけでも楽しい。
Beets

むこうでルイサの大好物だった、Beetsを食べた。ムラサキの根に近いところを切ってサラダにして食べるんだけど、とても甘くておいしかった! 飲む輸血といわれるほど、栄養価が高いらしい。

お店のマナー

大きなスーパーとかではなくて、わりと小さなお店に入るときは、「Hi!」とか挨拶してお店に入ります。日本だと、何も言わずに入ってでてくることが多いので、このへんはマナーとして気をつけたいところですね。

ブッシュ大統領の悪口

いろんなお店でブッシュ大統領をからかった商品をみました。Tシャツとかはもちろん、小物や雑貨などももりだくさん。
日本では首相とかをいじった商品を見たことがないので、これって国民性の違いでしょうか?

フライドポテト

イラクにフランスが部隊を派遣しなかったことに対して、アメリカはすごく腹を立てたようで、それ以来、フライドポテトのメニュー名を「フレンチフライ」から変更したお店が多いようです。
新しい呼び方は、「Freedom Fri」っていうのもあるそう。

シアトル

もともとシアトルは生活水準や文化水準が高くて柔軟な考え方の人が多いみたいですね。日本人に対してもとても親和的です。イチロー効果もあって、よけいにそうなっているような気がします。
シアトルの人はイチローが好きな人が多くて、今回の契約更新では大喜びだったみたいです。

Shopping in Seattle!

シアトルから帰って10日が経ちました。その間、私たちは某牛どん&うどんチェーン店で食事後に食中毒症状に襲われ一家でダウンしたりと小さな事件が起きてはいますが、私もホストマザーと約束したEnglish Diaryの宿題を終え、ホット一息ついているところです絵文字名を入力してください

お世話になったホストファミリーは、私たちが帰国した翌日にフランスから20歳の学生を受け入れ週末に元気に去って行ったようです。音楽好きのイケメンらしく、アマンダがうらやましくもありましたが、「20歳なんて、お子ちゃまで相手にならないわ!」だそう。

今回はシアトルでの私たちのささやかなお買い物の品をご紹介したいと思います。ラッキーな方はおみやげとしてゲットできるかも?
先着順ですのでお早めに我が家にお越しくださいねあ


7月6日 Tillicum Villageにて

Necklace

ホストファミリーのルイサちゃんのお誕生祝いにネックレスを買ったほか、私も今回、何もアクセサリーを持参しなかったので、1つ調達しました。$20だったかな?

7月7日 Balladのハンドメイドブティックにて

アマンダがよさそうなお店があるから、一緒に行こうということでお土産になりそうな小物をゲット。アマンダは招き猫の柄入りのバッグをゲット。お金がたまるラッキーなバッグだと教えてあげたら喜んでた!

HandMaidBag

私はグリーン調のバッグを調達。すべてがハンドメイドでデザインもどことなく日本調で親しみやすい。お値段は$90くらい。


Green Lake Necklace

さらに同じお店で何度も行ったGreen Lakeの記念に、Green Lakeの地図がデザインされたペンダントもゲット。$20でした。


7月8日 FremontのFlea Marketにて

たくさんのお店で賑わっていて、とても楽しかった。ついついこういう雰囲気だと流れで買ってしまう。
アマンダと私が弱いのは、やっぱりハンドメイド。なんとすべてのBagが絨毯をほどいた糸とビーズやビンテージボタンでできている!1つ作るのに平均4時間だとか。

Purse Arphabet

私は娘にアルファベットに親しんでもらいたくて、アルファベットがちりばめられたBagをゲット。ハートのボタンがとてもCute!


Happy Purse

さらに自分には、1950年代のチェコのビンテージボタンで、裏にAttract Money and Prosperity(お金と栄光を引きよせる)と刻印されたものをゲット。色合いも素敵。これで絶対 I will be rich!
どれも$20。4時間の労働としては、安すぎる!
That was a really good buy!


Brecedlet

さらに、アクセサリーショップで、こんなものも買いました。古い時計の文字盤みたいのが連なったブレスレット。これも$20くらいだった。

そして、リング。これは$10。
Purple Ring

実は私はリングにはトラウマがあって、7年近くずーっつとしてない。今の旦那からももちろんもらってない。(っていうか、何もいただいておりません)
男の人からもらうと、束縛されるような気がしてダメ。このくらいの値段でlovelyなのが1つあれば私には十分。なんて安上がりな女なの!


7月7日 雑貨屋さんにて

FlashCard

私の未来の"Eigo de Art"クラス向けに、単語学習に役立つFlash Cardを買いました。Sign Language(手話)のアルファベット付です。言葉を覚えるときに手を動かすと脳に刺激が入りやすくて、覚えが早くなるらしい。

7月7日 THEO CHOCOLATE の工場見学にて

この日は米国のフリートレードメーカーで100%オーガニックのチョコレートを作っているTHEO CHOCOLATEの工場見学をしましたが、そこでチョコレートバーをおみやげにゲットしました。
THEO Chocolate

パッケージのデザインにセンスを感じます。見学会ではカレー味のチョコレートとかいろいろあったけど、ショップにはバニラとチャイティーの2種類しか置いてなかった。カレー味も珍しいので欲しかったんだけどね。$3.5くらいだったと思う。スーパーだと$4.5で売っていたので、大分お得98666

7月10日 University DistrictのUniversity Villageにて

ここは、ブランドショップやオシャレなお店がいっぱい。アマンダ曰く、お金を浪費してしまう危険な場所らしい。

私はここのThe North Faceで、旦那さんへのお土産を買いました。
The North Face Bagpack

旦那はこれを見て一言。
「こんなのどーすんの?」
それはあんまりなお言葉。家族でハイキングとか山登り(とても不安だけど)とか行きたいし、ちゃんとしたのがあった方がいいと思ったんですが、旦那には私の想いは伝わらなかったようメソ

Nalgene Bottle

The North Faceではついでに、プラスチックボトルを買いました。
米国のナルジェ社が作っているナルゲンボトルは米国内ではすごく普及しててアマンダの家にもごろごろ。いろいろなお店もショップのロゴを入れてオリジナルのナルゲンボトルを作っているそう。高品質でもれなくて、使いやすいので、アウトドアやキッチン用品として使われているそう。
いろいろなカラーがあって、楽しめます! 私はワシントン州のイメージカラーのブルーを買いました。$10でした。
Webサイトはコチラ

さらに、この後、プリスクールからアイリンをピックアップしてZooに連れて行く予定があったので、アイリンにプレゼントをゲット。
Kids Sunglasses

アイリンはこれをあげたら、何度もうれしくて、
「ママがプレゼントしてくれた!」って言ってたっけ。
ホームステイ中も帰ってきてからも、四六時中サングラスを探し回っています。アー、疲れる!


7月12日 University Districtの靴屋さんにて

Kids Sandals

アマンダが絶賛する快適シューズのお店で、アイリンをピックアップ後にアイリンが裸足になりたい!と言い出し困って、素足でもはけるサンダルを買いました。カナダのメーカーでクロックスのサンダルを買いました。

ルイサちゃんも持っててお気に入り。米国でも大ヒット商品だそうですが、日本でも最近ブームになっているらしいです。
日本の公式サイトで¥2980だったのが、私は$27だったのでちょっと損した気分。支払い時にクレジットカードを紛失したかと思って、大慌て。でてきてよかったー! ホッ焦る3


7月12日 University Districtの書店にて

HarryPotter Jellybeans

ハリーポッターのジェリービーンをアイリンが欲しがったので、2つ購入しました。Vomit(ゲロ味)とかRotten Egg(腐った卵味)とか、Earth Worm(みみず味)とか、味わったことのない味に、カンベン!

私の未来の"Eigo de Art"クラス向けの教材もいくつか買いました。
Picture Book Inside

これは、子供の単語を増やすためのピクチャーブック。
写真なので、イラスト版よりもわかりやすいと思って買いました。

それから、アルファベットを使ったアートやクラフトの素材集もゲット。アートやクラフトを楽しみながら子供に自然に英語に親しんでもらうというのが私の教室のコンセプトなので、まさにピッタリの教材!
Arphabet Art Book


最後にルイサちゃんも読んでいたTIMEのKids用年鑑。世界で起こっていることとか、アメリカの歴史、世界の国、州の情報がわかりやすくまとまっていて、これも米国文化を知るのに役立つと思い購入。
Time Kids Almanac



7月13日 高級スーパーマーケットにて

アマンダいわく、ここは5%はよそのスーパーに比べて高いけど、良いものがあるので、見学に行きました。

アイリンにクロックスを購入した翌日、高級スーパーで中国製のクロックスもどきのサンダルを買いました。
Sandals

こちらは、$14だったので確かに中国製だけあって安い。品質はただいま耐性検査中につきまだよくわかりません。

素敵な香りのアロマキャンドルを4個調達。ゴージャスな香りとか精力的にする香りとか種類がありすぎ、嗅ぎすぎてお鼻がおかしくなりそう。ムード作りには良いけど、私には不要?
Aromatic Candle


いろいろな症状にあわせて選べるオーガニックティーを買いました。
Nighty Nightは睡眠障害がある人向け。Women's Libertyは女性ホルモン分泌に効くらしいけど、すごいネーミングにびっくり。Female Tonerは生理不順の治療用らしい。
Organic Tea


以上が2週間の私のショッピングリストでした。
お小遣いとして現金で10万持って行って、すべて使い果たしました。
あとクレジットカードで10万円弱くらい使ったから、合計20万円弱の出費。

よっしゃ、8月は出費を抑えて質素に暮らすゾ!

Back to Daily Life

2週間のシアトルホームステイも終わり、7月15日に無事にアイリンと帰国いたしました。ホッ絵文字名を入力してください

私たちの乗ったUA875便は台風の影響で朝食の機内サービスが抜きになったので、朝食のバウチャーで成田空港のレストランでパパと3人で食事しました。本当は2人のところを3人分もらってしまいました。ごめんなさい98666
久しぶりに食べたトンカツのおいしかったこと! 2週間ベジタリアンとミートレスで過ごしたので、ポコもアイリンもがっつきました。

やっぱり、たまには肉食べないと!

雨の成田空港を後にして、車で約1時間、久々の我が家へ到着!雨

我が家のささやかなお庭のお花たち、全部枯れて哀れなお姿に。
家の中に入ると・・・

臭い! なんだこの悪臭は?

台所の鍋の蓋を開けたとたん無数の症状バエが私の顔に突進!
冷蔵庫を開けたらこれまた臭い! 2週間経ったスイカが腐ってました。

現実ってこんなものですよねぇ。sc03

さすがに帰国日は疲れて、荷物の整理はする気にならず、6時ごろから寝てしまいました。
翌日は、大きな荷物3つの整理で1日がかり。
アイリンは、よほど楽しかったのか、

  アメリカ、楽しかったねぇ。
  パパが淋しくて可哀想だから帰ってきちゃったんだよねぇ。
  明日、また行こうね!


  うん、ママも行きたいけど、明日は行けないよ ̄□ ̄

アイリンはハリーポッターのジェリービーンズを食べてはまずくてペーしてました。それにしても、「鼻くそ」「ゲロ」「腐った卵」「糞」とかその手のジェリービーンズが多すぎて、まともに食べれる味が少なすぎ! 超マズーえぇ

私はまだまだホームステイの余韻に浸っていたい・・・
また、素敵なホストファミリーと一緒に暮らしたいなぁ!

アイリンとルイサのお別れ・・・sc07

Farewell2


アンディとアマンダ、ルイサ、アイリン。
私の写真はブレてましたー。ショック!

farewell


部屋から見たお庭の風景

Garden


お宅の前でポーズするアイリン!

House


また絶対、行くからねローズ


Bye Bye Seattle!

今日の12:41のユナイテッド航空で帰国します。
荷物のパッキングも無事に終わり、あとは身の回りのものを詰めるだけ。アマンダが大きな旅行かばんをくれたので、わりとスムーズに詰めることができました。感謝ちな♪

今は、朝の7時半。昨夜、Sleepless in Seattleというトムハンクスとメグライアンが主演したシアトル舞台の映画を見ようとしたけど睡魔にまけて寝てしまったので、朝からDVD鑑賞して今終わったところ。
息子のおかげで運命の人についにエンパイアーステイトビルの最上階で出会えたというHappy Endingなラブコメディ。なんとなく幸せな気分になりましたheart02

今回は私とアイリンが大好きだったシアトルの場所をご紹介!

アンパンの人Salmon Bay Park

Salmon Bay Park Swing


近所の公園。アマンダがいない日は必ず8時くらいになると、アイリンと二人で通った公園。公園にはトーフドッグやゆで卵、デザート持参で行って軽いディナーをすましちゃう。昨日は最後の公園を満喫しました。
他の子どもが、ママに、
“Push me on this swing! Mom!”
と言っているのを覚えて、アイリンも1回スイングするごとに、
“Push me!” 
を連発。私はブランコを押してる最中に夕食のワインが利いてきて、気分が悪くなってしまったことが何度も。

アンパンの人Green Lake

Green Lake


車で10分くらいのところのところにある大きな湖。美しい湖畔を犬と散歩している人やジョギングしている人で賑わっている。公園もあるし、とおり沿いには素敵なレストランがたくさん。
こんなBeautifulな湖畔をウォーキングやジョギングできるなんて、うらやましい。私の母は毎日駅までのつまらない道を歩いているので、今度来るときは一緒に連れてきてウォーキングさせてあげたいなぁ!

アマンダとルイサが40分のウォーキングで湖畔を一周した後に、アイスクリームショップでアイスを堪能! グミいっぱいのアイス。

Robin’s Icecream


アンパンの人Karkeek Park

Sunset Karchic Park2


シアトルの北の方にある海岸沿いの公園。この公園はシアトルで一番美しいと言われているらしい。夕食後に行ったので8時半ごろ。とても美しいサンセットを見て、心が洗われたような気分。ブランコもできたし、水遊びもできて裸足の大好きなアイリンも大満足。サンセットにルイサが美しく映えて素敵!

Luisa with Sunset


アンパンの人Woodland Park Zoo

アマンダの家からGreen Lakeに向かう途中にある動物園。アイリンのプリスクール終了後、私と二人で行ってきました。この日はアイリンがご機嫌ナナメで、私に命令してばかりでとっても大変でした。おまけに気温は100度(華氏)近くあって、ほんとに汗だく。

Zoomanium


ようやくZoomaniumという子供向けの遊び場でアイリンのご機嫌も回復。他の子供と一緒に恐竜の卵からでてくる遊びを楽しんでいました。
私のお気に入りは3匹のhippoちゃんたち。おしりがかわいい。

hippos


アンパンの人Seattle Acquarium

Aquarium


シアトル水族館へは、アマンダと親しいご近所のケイティとその子供たちと一緒に見学。アイリンはくらげやヒトデがお気に入り。私も美しいお魚たちにうっとり。癒されるわーポ

Aquarium3


アンパンの人プリスクール

アイリンはワシントン大学のそばの教会に併設されているプリスクールに今週の月曜日から金曜日まで、合計11時間通いました。今はサマータイムなので、最高でも1日4時間までしか預けられない。
はじめは、少し緊張した面持ちだったけど、すぐに慣れて”Fun!”(楽しい!)って言葉も覚えてきました。先生いわく、アイリンはパズルがすごく上手でびっくりしたとか。

プリスクールの後は、ワシントン大学を散策したり、博物館を見たり、本屋さんで子供向けの英語教材をゲットしたり、学生街はいろいろあって、ほんと楽しかった!

Burk Museum


Washington Univ


Good bye Seattle!

シアトルでの生活は本当に楽しかったし、心地良かったです。それもこれもアマンダのおかげ。
ちょっと残念なのは、シアトル図書館に行けなかったこと。ここも改築されて、とてもモダンな建物に変身。日本の書籍もたくさんあって、毎日世界中から7000人が訪れるそう。これは、次のシアトル訪問の課題かな。あと、シアトルからバンクーバーもいいね。

サンタバーバラに住んでいる私の大学時代の友人から昨日、私の携帯に電話があった。彼女は4歳の男の子のお母さんだけど、今おなかの中に双子の男の子がいて今日か明日にも生まれるかも?今度はぜひ、サンタバーバラにも寄って3人の元気な男の子に会いたいな!

さて、もう8時すぎ。これからパッキングの総仕上げ。無事に日本に帰れることを願うのみです。

Good-bye Amanda, good-bye Luisa!
Good-bye Manzou, good-bye Sunougy!
I miss you much!
Good-bye Seattle!


日本でアートと英語の教室を作って自立できたら、絶対また来たい!決意を新たにして、帰国するpocoでしたHeart

ホストファミリー

シアトルライフも残すところ1日。
アイリンは眠りが足りないせいか、時々手がつけられないことがあるけど、それ以外はHappyなご様子。

今日のディナーは何も食べずに無理な要求ばかりして、すねてテラスの上に横たわってしまいました。アマンダが、「ここで寝転がったのはアイリンがはじめてだ!」と笑ってたけどマジですか

私がアマンダの家にあった日本式ラーメンと書いてある得体の知れないMade in Taiwanのインスタント麺に冷蔵庫の野菜と庭からとったブロッコリーやえんどうを入れたうどん。ボイルしすぎて麺つゆが消えてしまった。史上最悪のディナーにもかかわらず食べてくれたアマンダに感謝heart02

今回はアマンダのファミリーについてちょこっとご紹介。

アマンダの元旦那さん(アンディ)も近所に住んでいて、ルイサは水曜の夜から土曜日まではパパと一緒にくらして土曜の夜にアマンダがピックアップしてくる。離婚したファミリーは、こんなふうに二人で子供の育児を分担するのが、アメリカでは珍しくないそう。

アンディはトライアスロンが趣味のとってもナイスガイ。もともとはイギリスの方なので、イギリス英語。アイリンと私は7月4日のIndependece Day(独立記念日)に、BBQに招待されてベジバーベキューを一緒に楽しみました。私たちのお気に入りは、TOFUDOG! トーフドッグってベジタリアンにはポピュラーみたい!

アマンダとルイサはオリンピアに花火を見に出かけていたので、アンディとアンディの彼女と私たち4人というメンバー構成。なんだかちょっと不思議。アンディの彼女は日本に3年いたらしくあの悪名高いNOVAで英語教師をしていたそう。

さて、ここでは私たちの暮らしていた街とお部屋をご紹介。

シアトルのダウンタウンから車で15分くらい北西にあるバラードという街のそばの閑静な住宅街にあるお宅。
最近人気のショップが相次いでオープンして若者に人気のクールな街に変身。日本のように同じようなデザインのお宅がたくさんあるのではなくて、一軒一軒がとても個性的でラブリー。お花いっぱいの玄関や庭を眺めながらのお散歩は気持ちいいですheart03

こちらが私たちのお部屋。アマンダのお母様は有名な写真家だったらしくお部屋には素敵な写真がいっぱい。

Our Room

ここはこども部屋。アイリンがDVDをカウチポテトしながら見てるところ。

Child Room

シアトル舞台の「巡り会えたら」(Sleepless in Seattle)という映画をレンタルしてきたけど、いまだに見れてないげろげろー!

11日は一人娘のルイサちゃんの11歳のお誕生日。
アイリンと夜遅くお誕生カードを作りました。こちらもついでにご紹介。

Birthday

アイリンはニャンニャンと遊ぶのがだーいすき。私は今もって、ネコちゃんに触れないでいます。猫ちゃんたちは私たちが来たせいか、あまりかまってもらえないので、ちょっと精神不安定状態。これはアイリンが撮影したマンゾウ。

Manzou


そして、アイリンも私も一番気に入っているのが、テラスとお庭キラ
テラスでワインと一緒にいただくディナーは最高!いつjも7時から8時半ぐらいの間にテラスでディナーをいただきます。

Terrace Dinner

アイリンは食事よりもお庭のえんどうやキャベツ、ベリーをつまみ食いするのが楽しいらしく、まともに椅子に座っているのは5分くらいかな。

Trampolin

「ママ、そこに立ってその棒に両手をこうやって置いてこっちを見ててね!」

細かいオーダーが食事中に来るので落ち着いて食べれない!
これは私が作ったちらし寿司。お鍋でご飯をたいたら柔らかくなりすぎてしまいました。一応食べれたので一安心汗(だらだら)

CHIRASHIZUSHI

こんなに素敵なホストファミリーと一緒に暮らせて、ほんとにラッキーでしたHeart

暑い!!

Hi, from Seattle!

シアトルはからっとして過ごしやすいと書いたけど、日増しに暑くなって昨日は猛暑警報がでるほど。今日は20度(華氏)昨日より暑いらしく、少々バテ気味です ̄□ ̄
シアトルでは夏場もそれほど暑くならないのが通常なので、エアコンもない家庭が多いらしく、ホストマザーのご家庭もノーエアコン。

シアトルライフをエンジョイしている間に、あっという間に帰国が近づいてきてしまいました。アイリンもニャンニャンやルイサお姉ちゃんと一緒の生活がすっかり気に入ったらしく、ずっとここにいたいと言っています。

本当は毎日更新したかったのですが、ホストマザーとやっているEnglish Diaryだけで手一杯で日本語バージョンまでこなせません。あしからず。せめてアイリンが昼寝とかしてくれて、夜も早く休んでくれれば自分の時間が取れるのですが、12時までフル活動なもので...。
なんて、言い訳しちゃったりして...

今日はそのお詫びに今までのシアトルライフのダイジェスト版で写真入りでご紹介したいと思います。ようやく、デジカメのデータを転送するUSBをゲットしました。

アンパンの人シアトル観光

本来は英語のお勉強に来たのだけどそれだけじゃつまらないので、しっかり観光も楽しんでいます。
シアトルは海沿いに湖畔沿いにきれいな公園がたくさんあって、とても2週間の滞在ではまわりきれません。富士山よりも600m高いMt.Rainierの眺めも美しい! フェリーでのアイランドめぐりも楽しそう!
時間が許せばバンクーバーにも行きたかったのだけど、今回は断念。アイリンが大きくなったらまた来たいなぁ!

アンパンの人シアトル名物!Ride the Duck of Seattle

Ride the Duck

Duck Driver

ボート型の水陸両用のバスでシアトル市内を一回りした後にユニオン湖にそのままダイブする90分のツアーでした。
なんといってもドライバーさんが多芸多才! ジョギング中の人にロッキーのテーマ曲をかけてはやしたり、レストランのテラスでくつろいでいる人たちにギャグを飛ばしたり、水鉄砲でほかのDuckのドライバーさんを攻撃したり。スキンヘッドからロックンローラーにかつらをかぶって変身したり。私たちが乗った日はちょうどシアトルタイムズに"Ride the Duck Needs More Ducks" なんて記事が載ったせいか大賑わい。余談だけど、世界の人気観光都市のトップ10の10番目にシアトルが今年はじめてランクインしたらしいですよ。

アンパンの人先住民の島、Tillicum Village Tourへ

TillicumVillage

初めてホストファミリー宅から自力(バス)でフェリーターミナルに行って、そこからブレーク島までのクルーズと伝統食のサーモンランチ、先住民のダンスショーのツアーに参加しました。たったの4時間でこんなに楽しめちゃうのがいいです。アイリンもお行儀よくしてくれて、私も大満足。行き帰りともポップコーンをアイリン一人でたいらげて、びっくり。

アンパンの人シアトルのシンボルタワー、Space Needle

Space Needle

高さ180mのスペースニードルからはシアトルの美しい眺めが一望できました。
屋上にはゴージャスな回転レストランがあって、ハンバーガーが$25ドルもするって、Ride the Duckのドライバーが言ってたっけ。
ルイサちゃんは今頃、ご両親と一緒にそのレストランでバースデイパーティ。私も行って見たかったなぁ。

アンパンの人シアトルセンター

いろんな仕掛けがある子供も大人も楽しめるミュージアム、Pacific Science Center はとってもおもしろい。
世界中の蝶々を鑑賞できるエリアもあって、まるで異世界みたい。
Exitのチェックが厳しくてミラーでチェックして、お互いにパートナーとダブルチェックしろとか、厳重でした。

アンパンの人シアトルミュージアム(SAM)で美術鑑賞

アマンダのお友達のケイティが私をシアトル美術館見学に誘ってくれました。子供たちはアマンダにお願いして大人二人でゆっくり鑑賞できて、幸せでした。2007年5月にリニューアルしたばかりらしくて、とってもきれい。アフリカンアートが充実してて、ヘッドドレスが怖いけど楽しい。村上隆の作品がすごーく目立つところに飾ってあった!

途中で、シアトルに来てはじめてのスタバに寄ってドリンクをテイクアウト。日本のスタバと違って混んでないのですぐドリンクが出てくるのが違うかな。シアトルだけで200店舗以上あるらしいけど、アマンダはベジタリアンでオーガニックコーヒーなので、スタバには入らない。

アンパンの人宇和島屋ビレッジでお買物

これは前にも書いたけど、日本食やアジアの食品やグッズが手に入るお店。帰るまでにまたバブルティーを飲みたいなぁ!

アンパンの人ファンキーな街、フリーモントのサンデーマーケット

おしゃれなショップやアートショップが多くて、街のいろいろなところに若手アーティストの作品がある。子供向けの図書の「3匹のやぎのガラガラドン」にでてきた北欧の魔物、トロール像を見学。とってもリアルで、おもしろい。トロールを見てからは、アイリンを寝かすときには、

The troll will come and eat you all up!

なんて言って脅かして寝かしつけようとしています。日本では wolfバージョンだったんだけどね。

Troll

サンデーマーケットで普段は買わないアクセサリーや手作りの民芸品をゲット。1950年代の繁栄と幸福を意味する絵が入ったチェコスロバキアのビンテージボタンがついたバッグは、とっても素敵。すべてオーナーの手作りでカーペットの布をほどいて4,5時間かけて作ったのだそう。 Wow! 感激!

アンパンの人チョコレート工場見学

Chocolate

フリートレードで100%オーガニックな材料でチョコレートを作っているTHEOというチョコレート会社の工場を見学。ヘアキャップをかぶってる他の見学者を見てるとなんだか笑える。工場見学で試食しすぎて、No More Chocolate! 状態に。
チャイティーのチョコやカレー味のチョコなどお味もいろいろ。パッケージがとてもキュート!

Oh, Its's already 8:00pm. I have to cook my dinner and finish my English diary now.
So, Bye-Bye, now!
I will catch up soon!

ベジライフ

今シアトルは夜中の3時すぎ。
昨日は娘が1時半頃目覚めて4時すぎまで、夜食やおトイレ通いに
お付き合いしていたのでブログどころではなかったけど、
今晩は快眠してくれたので、一人の時間を楽しめてラッキー!
たまに猫ちゃんが邪魔しにくるのが、ちょっと困りもの。

ただいまお世話になっているご家庭はベジタリアン
ということで、今回のホームステイはベジライフにお付き合い。

ベジタリアンはヴィーガンという完全な菜食主義者もいるけど、結構種類がいろいろあるらしく、ホストファミリーのご家庭は卵も食べられるみたいなので、わりとゆるやかなタイプかな。

<機内食>

機内食はベジタリアン食をオーダーしたけど、ベイクド野菜とオーガニックパンって感じでなんとなく物足りない感あり。
特別食でいいのは、まわりの人たちよりも早く食事がでること。
飛行機の中だけベジタリアンになりそう!

<7月1日 夕食>

1日目の夕食は日本料理店で焼きそばとカリロール(カリフォルニア巻)。この日は疲れてしまって、食欲より眠気って感じであんまり食事については覚えてない。
娘のアイリンもレストランに着くなり、沈没。

カリロールってアメリカでは一般的みたい。海苔が天ぷらの皮で覆われていて、なんだか不思議。カリカリしていてぴったりなネーミング。ホストファミリーは豆腐焼きそばがお気に入りのようで、柔らかい豆腐が焼きそばに入っているのを想像していた私は、厚揚げ豆腐を見てなるほどと納得。

<7月2日 昼食>

朝からアイリンが旅行の疲れからか、ベッドでもどしてしまったので
今日はどうなることかと心配。
市でやっているサマープログラムにアイリンを入れて、英語の勉強をするつもりだったけど、弱々しいしいアイリンを一人でランチといっても貧弱なバナナとスナックとお水だけで置いてくるのは、あまりにも可哀想だったので、連れていってはみたものの一緒に帰宅。

英語のレッスンの後、遅い昼食ではじめての手料理をご馳走になりました。
「ベジタリアンの食生活って実際どんなものを食べているのかわからなくて・・・」なんて話をしたら、
「それじゃ、見せてあげましょう!」
ってでてきたのがベジバーガー

大豆を加工してお肉もどきにしたフェイクハンバーグとお野菜をはさんで出来上がり。2時半ごろまで何も食べていなかったのでがっつきました。
美味しかったです!!

<7月2日 夕食>

夜は有名な日本食材屋さんの宇和島屋ビレッジにお買い物に。
私は豆腐とさつま揚げ、鮭など、アイリンが食べそうなものを調達。

ルイサちゃんお気に入りのバブルティーを飲みながらお買い物。
いろんなお茶やフルーツジュースにブラックタピオカが入ってて
それをぶっといストローで吸い上げるのが楽しい。

「バブルティーって日本から来たんだよ」
ってアマンダが教えてくれたけど、
「エッ、日本じゃないと思いますよ。」って答えたもののアマンダは
自信をもって日本だと主張。
アマンダが店員さんに確認したら、台湾が発祥とわかって私もホットした。私だけが知らないって思われたらイヤだもんね。

アイリンはアメリカに来てからほとんど食事をとっていないのが心配だったので、夕食は日本から持参したわかめスープの素でスープを作ることにした。

私がスープを作るって話をしたら、
「じゃ、待ってるね!」なんて言われて
スープってただの付け合せなんだけど・・。とも言えずに
この日は、つつましくわかめスープの素に豆腐と卵を入れたものを
メインディッシュにいただきました。
これじゃあんまりだったので買ってきたばかりのさつま揚げを出したけど、どうもお魚はこちらのご家庭はあまり食さない模様。

ともかくアイリンがきれいにスープをたいらげてくれて、さつま揚げをほおばってくれたから、目的達成できてよかったです。
結局は夜中におなかがすいて私とアイリンで目が覚めて台所からバナナをもってきていただきましたけど。

<7月3日>

今朝もお寝坊して起きたのは8時すぎ。
私は初日に行ったレストランで残した残り物で朝食をすませ、
アイリンが起きたときに備えて、日本から持参した即席ライスでおにぎり作り。今日はシアトル観光でシアトルセンターに行く予定。

昼食もタワーの中にある回転レストランで食べようって話をしてたんだけど急遽ランチボックスを持って公園で食べようということに。

エッ、私たちまだ何も用意してないんですけどぉー。

「サンドイッチかベジサンドなら早いわよ」って言われて
アイリンがサンドイッチを食べるか疑問だったけど、時間がないので
とりあえず、超簡単なピーナッツバターサンドに挑戦。
アメリカではピーナッツバターサンドとポテトチップスとかが一般的なランチらしい。

スペースニードルやサイエンスセンターを見学した後、1時過ぎにようやく公園でランチを広げ、自作のピーナッツバターサンドをいただきました。ピーナッツバターの量が少なかったのか、あまり美味しくなかった! アイリンも見るなり拒否。アマンダが持ってきたバーだけ食べて後は噴水でお水遊び。

夕食はアマンダの手料理のパスタをお庭でいただきました。
ミートボールに見えるけどミートを使ってない、「ミートレスミートボール」と合えたパスタ。とにかくベジタリアンはフェイクミートを多用しているご様子。

7時だというのに外が明るいので、まるでブランチをいただいているかのよう。素敵なお庭でワインと一緒にいただいたパスタはほんとに美味。
私は野菜サラダ作りをお手伝い。こんなに食べるのかなぁって思うほどの量をみるみるたいらげてるところは、さすがベジタリアンだけあって半端じゃない。

これが今のところのベジライフ。
ベジタリアンの食事は嫌いではないけど、これが2週間続いたら
結構体重減って贅肉とれるかも・・・。

Hello from Seattle!!!

Hello from Seattle!!!

お待たせしてすみません。アップロードファイル
あれよあれよと3日目に突入してしまいました。
ようやく娘がお昼寝してくれたので、やっと自分の時間がとれましたあ

シアトルはからっとしていて気温は高いけど、
(摂氏と華氏で違うからよくわからないよぉー)
とってもすごしやすいです。
30度ぐらいあるような感じかな。

夜も9時半になってようやく日が暮れるので、1日がながーくて
ゆったりと感じられます。

9時間弱のフライトで着くので、飛行機の中もそんなに苦じゃ
なかったです。お子様連れにはおススメですハート

荷物チェックが甘かったせいで、持ってこようと思っていた
デジカメのメモリースティックを取り込むケーブルを
忘れてしまったのが失敗マジですか
ブログへの写真アップはできそうもない。
こっちでパソコンショップみたいなとこに行けばいいんだけどね。

案の上、飛行機の中では、アイリンが寝なくて寝なくてようやく
沈没してくれたのが到着の2時間前で、朝食はスキップ。
バッグに朝食のパンやミルクやバナナを慌てて詰めて降りたけど、
税関でバナナは没収されちゃった。

「バナナ、バナナ、バナナ・・・ちな♪
なんて、係りの人が鼻歌を歌って笑わせてくれました。

出国審査で女性の係官が怪訝な顔して、
「こんな小さな子を連れてホームステイなんて、あんた、おかしいんじゃないの?」
ってな感じで「旦那は何してるのか?」とか「いくら持ってきたの?」
とか執拗に聞いてきて嫌な感じだったなぁ。ソ猝ヨ

とはいえ、広いシアトルタコマ空港もとても感じの良い
お姉さんがアイリンの手を引いてシャトルに乗るのを助けてくれた
こともあって、無事にホストファミリーとご対面することが
できました。

ホストファミリーのお宅は最近人気がでてきたバラード地区に
あって、雰囲気は軽井沢みたいな感じのとおりにある水色のとても
キュートでニートなおうちでした。
私たちのために用意してくれたお部屋もとってもクールで
キュートにしてくれて、快適なホームステイライフになりそう!

ホストファミリーはシングルマザーともうすぐ11才になる女の子。
ここでは、アマンダとルイサって呼ぶことにしますね。
とてもクレバーでフレンドリーなアマンダと、読書と水泳の大好きなルイサです。

アイリンもマンゾウとシュニューギー(2匹の猫ちゃん)に会うなり
とっても喜んで追いかけまわしてました。

お庭にはお花や野菜畑があって、新鮮なレタスやえんどうが
とってもデリシャス。

申し訳程度の庭がついているマンションに住んでる私としては
とても憧れちゃいますね。

これからのホームステイライフ、楽しみです!!!おんぷ2つ

徹夜して荷物の整理

8時になってしまった。今日の17時の便で出発だというのに絵文字名を入力してください
もうすぐ娘がぬーっと起きてくる頃だ。

昨日は娘と通っている親子体操教室で午前中しっかり運動したというのに、まだ遊び足りなくて、そのまま公園で遊び、さらに買い物をしてようやく家に帰ったというのにやっぱり公園に行きたいとぐずり、近所の公園でブランコやすべり台を満喫して家に帰ったらもう5時半。
すごいエネルギーにびっくり。サ」

(早く帰って荷物の整理をしないといけないのにー! ̄□ ̄

家に帰ったら疲れて夕食もとらずお風呂もはいらず寝入ったので「明日の朝までこのまま寝てくれー」という期待を胸にようやく作業開始。


airin:明日アメリカ行くんだよね。楽しみだね!
poco:エッツ、起きてたの? まだ2時間も寝てないよ!

(こんなはずじゃなかったのに・・・げろげろー!

poco:アメリカは、みんな英語しか話さないけど大丈夫かな?

airin:英語わかるから、大丈夫!

poco:そうだね。猫もいるけど大丈夫?

airin:大丈夫。猫、触れるよ。

poco:ママは猫、触ったとこ見たことないなぁ。
   (ダンゴ虫は1日に20個は触ってるの見てるけど・・・)

とっても頼もしい我娘だ!

それから何度娘を寝かそうと努力しても、襖がぬーっとあいて私の邪魔をし続けてようやく3時前に自主的にご退散。

シアトルいったら、どんな生活が待ってるのか想像つかない!

あとのJobはこれぐらい?

・冷蔵庫の中にあるヤバイものを全部捨てるか調理する。
 (たぶん、捨てる!)
・洗濯、掃除をテキトーに。(たぶん、できない!)
・パパに借りたデジカメの使い方を教わらないと。
・パパへの念押し。
 私たちのホームステイには関心がないらしい。
 帰国のときに迎えに来てくれるか不安なので釘を刺さないと!
 (来てくれなかったら、離婚だ!)
・ホストマザーと現地エージェントにメールする。

昨日ユナイテッド航空に機内食のチェンジをオーダーしたので、それだけが唯一の楽しみちな♪

娘はお子様食、わたしはベジタリアン食。
ベジタリアンのご家庭に入る前にベジタリアン食の研究をば!
もう手遅れかな?

たくさんの荷物の山と娘を引きずり、なんとかシアトルまで辿りつきたいものです!

次回、Hello from Seattle! をお楽しみに!キラキラ




Appendix

Profile

ママとエイゴ/mamatoeigo

ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

Extra

プロフィール

ママとエイゴ/mamatoeigo

Author:ママとエイゴ/mamatoeigo
ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。