FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語絵本のある生活(5)

教室のイースターパーティが近くなってきたので、前回のレッスンではウサギのオブジェを粘土で作って、それに色づけをしてみました。

rabbit2

rabbit

形もそうですが、色づけも一人ひとり違うので、出来上がった作品を見るのはすごく楽しいです。今回はパーティ会場にこのイースターバニーを入れたバスケットを飾ろうかなと今からワクワクしています。

今日はウサギにちなんだ絵本をご紹介します。

1冊目は日本語本もあるThe Runaway Bunnyです。

The Runaway BunnyThe Runaway Bunny
(1977/10)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る


Once there was a little bunny who wanted to run away.
So he said to his mother, "I am running away."
"If you run away, " said his mother, "I will run after you.
For you are my little bunny."


というはじまりで、子ウサギが魚になったり、岩になったり、花になったり、ヨットになったり・・・・
いろんなものになるたびにお母さんが、猟師になったり、登山者になったり、庭師になったり、風になったりと、負けずに子ウサギをつかまえについてくるお話です。

変身した子ウサギと母ウサギの姿が見開きで表現されています。これはとっても素晴らしい絵です。
娘と私はこのイラストの部分になると、

Where is the little bunny?
Where is the MAMA bunny?


といって見つけっこを楽しみます。

最後に子ウサギは人間の子供になって、母ウサギはそのお母さんになるといいます。
だったら、このおうちにいるのと同じだね!

そう思った子ウサギは、逃げ出すのをやめて、
逃げ出すのをやめた子ウサギに、
Have a carrot! と母ウサギがやさしくニンジンを差し出します。

最後はとてもやさしい気持ちになれて、お休み前の絵本にはピッタリですキラキラ(ピンク)

そしてこの日本語版がこちらです。

ぼくにげちゃうよぼくにげちゃうよ
(1976/09)
マーガレット・ワイズ・ブラウン

商品詳細を見る


同じ本を日本語で読むと本への理解が深まるのはもちろん、言葉の違いについてこどもに感じてもらうのにいいなぁと感じています。

1942年にはじめて出版されて以来、2世代にわたって母と子に愛され続けている絵本です。素適な絵本というのは、世代を超えて読みつがれていくんですね。

私もいつか絵本を自分で作ってみたいなぁと密かな夢を持っています。この本のように暖かい魅力ある絵本を作ってみたいものですキラキラ(オレンジ)


さて、ここでもう1冊ウサギが主人公の絵本をご紹介しますね。

What Makes a Rainbow?: Pop-UpWhat Makes a Rainbow?: Pop-Up
(2000/02/01)
Betty Ann Schwartz

商品詳細を見る


この本はリボンの仕掛け絵本になっていて、子うさぎが虹が何でできているのかをテントウムシやきつねなど、その色をした動物や昆虫に一つずつ尋ねていく絵本です。

"Little chick, what makes a rainbow?" asked little Rabbit.
"YELLOW,"said little chick, fluffing her soft YELLOW fuzz.
"You nead YELLOW to make a rainbow."


こんなやり取りで虹の色の6色ができあがります。

本はハードタイプなので手荒に扱っても大丈夫です。
リボンの色に一つずつさわりながら、YELLOW!とこども達は元気に答えてくれますよ。
次は何色かな? と想像しながらワクワク読める本です。

小さなお子さんもリボンに触って色をおぼえられるし、英語で色をならいたてのこども達にも自分の言える部分がたくさんあるので、復習にもなる絵本でした。

小学生ぐらいの場合は、この絵本のrainbowをきっかけに、虹はなんでできるのかな? と調べたりして深めていくといいですね。私も子供にどうやって説明しようかとネットで色々調べました焦る3

ところで、虹の色は日本だと7色ですが、アメリカでは6色が一般的みたいですね。学術的には7色になるらしいですが、国によって一般的な虹の色数は違うみたいです。こんなことも絵本をきっかけに色々調べることができます。

「絵本を素材にしたテーマ学習」は、4月からの小学生クラスでやっていく予定です。
絶対楽しくなると思いますよひよこ

スポンサーサイト

マザーグースのオススメ教材

マザーグースについては私はきちんと研究できていなかったのですが、図書館から借りた本で子供と一緒にスムーズに楽しめたものがあったのでここに紹介しておきますキラキラ(ピンク)

はじめてのマザーグース-Ring-a-Ring o'Roses (CDと絵本)はじめてのマザーグース-Ring-a-Ring o'Roses (CDと絵本)
(1999/10)
レイモンド ブリッグス

商品詳細を見る


マザーグースの本というと厚くてボリュームもある本が多いので借りてもなかなか読破しきれていなかったのですが、この本は薄くてしかもCDも付いていて、CDにも日本語訳の詩が入っているので、マザーグース初心者、英語子育てをはじめたばかりの方にもオススメです。

Snowmanで有名なレイモンド ブリッグスがイラストを描いているので、絵を見ているだけでも癒されますようふ

娘のアイリンのお気に入りは表紙にもなっているHumpty Dumptyと An old woman who lives in a shoeです。Humpty Dumptyは短くておぼえやすいので、暗唱できるようになりました。An old womanの方は靴の中やまわりで遊んでいるたくさんの子供達を数えたり絵を見て喜んでいます。

この本を読んで聴いて楽しんでいたところ、ちょうどまた図書館で今度はマザーグースをもとにしたDVDを発見! これは借りない手はないとさっそく借りて見てみました。

Jim Henson のおはなしマザーグース 3 [DVD]Jim Henson のおはなしマザーグース 3 [DVD]
(2004/05/19)
ジム・ヘンソン

商品詳細を見る
ビデオデッキを娘がカセットを出し入れしすぎて2台続けて壊してしまい、今はDVDしかありません。ビデオデッキを修理したり買ったとしても壊すのがわかっているので、もうDVD一本に決めました。図書館などでもVHSが借りれなくていつも残念に思っていたのですが、これはDVDだったのでラッキーでした星

子供はやっぱり映像が好きなので、何度も何度も繰り返し見ています。セサミストリートの作者のジム・ヘンソンがつくっているのでどのお話も楽しくつくられています。全5巻まであって借りれたのはまだ3巻だけですが、1つ見たらその魅力にはまってしまったので全部借りてみるつもりです。

3巻はJack and Jillがタイトルになっていますが、全部で7つのマザーグースのお話が入っていて一つ一つが短いので気楽に見ることができます。

英語子育てをされている方は意識しなくても歌などで自然にマザーグースに親しんでいるとは思いますが、rhymeを意識するともっと楽しめると思いますしよい発音がみにつくと思いますよにっこり

2008年春の生徒募集スタート!

今日は2月21日 木曜日、満月。
昨日のお月様はきれいだった~♪ また新たな力が沸いてきました。
ぜひ満月を見ることをオススメしたいので、満月が簡単にわかるこのサイトのリンクを貼っておきますね。

http://www.moonsystem.to/main.htm



先週ようやくBears English ClubのHPを2008年度用に変更し、ようやく2008年度の春の生徒募集キャンペーンをスタートすることができました汗;

4月からの生徒募集を本格スタートです。といっても大手の某Yさんと違って自力のポスティングがメインです! 運動不足解消兼ねてガンバルぞ~jumee☆DaNcE2

今回の目玉は小学生クラスのテーマ学習です。私は小学生低学年に必要なのは勉強することのおもしろさを知って学習習慣を確立することだと思うので、英語にとどまらずいろいろなことを知ったり学んだりする楽しさに気づいて欲しいと思います。小学生の総合の時間は本来は教科ごとの区切りをとりはらっていろいろなことを横断的に学ぶ時間だったと思うけど、それに近いイメージで日本、世界、宇宙、自然、食、社会などいろいろな切り口で考えていきたいと思います。

1回のクラスでは、前半30分が英語のアクティヴィティ、後半40分がテーマ学習の時間になります。1つのテーマを1ヶ月以上かけていろいろな切り口から考えていきたいと思います。

たとえば、私達の食事に不可欠なお米。
このお米が私達の口に入るまでには、どんなことがあったのか!
お米を使った食べ物にどんなものがあるのか!
お米は私達の体にどんな働きをしているのか!
日本以外の国の人はお米を食べているのかな?

いろいろな疑問を書き出してそれに一つひとつ考えていくと、いろんなことがわかりますよね。
ただ考えるだけではなくて、その過程でチャートを作ったり、絵を描いたり、数えたり、比較したりと、目、口、耳、手、頭がフル回転するクラスにするつもりです。

もちろん英語をしっかりインプットするために、毎回のテーマ学習の中にも英語の基本表現を使いながら、英語で表現する力をつけていきたいと思います。

ということで、テーマ学習に興味のあるお子様はぜひBears English Clubの門を叩いてくださいね。

今なら入学金50%オフです。

英語はもちろんプラスαを身につけるなら、Bears English Club ぷーさん


メルマガ vol.7

ちょっとご無沙汰してしまいました。今年はヴァレンタインデーも超手抜き。いつもはパパにちゃんとチョコを用意していたのに、今年は買ってあげなかった! これって夫婦の危機かな?

メルマガvol.7をようやく昨日なんとか発行できたので、アップします。

┌◆◇━━━━http://bears.manabos.com━━━━━◇◆┐
  
 ママとキッズの英語教室! Bears English Club    
 2008年2月15日号 vol.7
 ~ The day after Valentine's Day ~

└◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆┘

こんにちは! Bears English Clubの林です。
昨日はValentine's Dayでした。ヴァレンタインデー号を目論んだのですが予定が遅れてしまったので、ヴァレンタイン翌日号として発行させていただきます!

★─────────────────────────★
 【1】オススメ親子英語
★─────────────────────────★

昨夜も娘は4歳になったにもかかわらず、食事中の態度が悪すぎました。
うろうろしてちっとも片付かない。そんな私達の食事のやり取りは、こんな感じになります。

私:Finish eating, please!  Please, I mean it!
  食べ終わってくれるかな! お願いだよ! マジだからね!

私:You should ask me if you want to leave the table during meal.
  もし食事中に席を立つなら、ママにきかないとね。

私:What do you say?
  なんて言うんだったかな?

娘:May I leave the table?
  席を立っていいですか?

私:Where are you going?
  どこいくの?

娘:I want to go to the bathroom.
  お手洗いに行くんだよ。

しかーし、トイレに行く様子はなくただ席を立つための口実だということがしばしばです。そういうときは、

私:Liar, liar, pants on fire,
  うそつき、うそつき、ズボンが燃えてるよ。

  Hanging on a telephone wire! 
  電話線にぶらさがってね!

とチャンツをかませるのですが、これだとあまり効果がない!頭にきてかなりきつい言葉で怒ってしまいました!(ここにはとても書けないです!)

さすがに夜寝るときは、ひどく怒ってしまった反省もあり、I love you! と言って穏やかに寝かせてあげました。娘もI love you, mommy! と言って私の鼻にkissしてくれました。

ということで前置きが長くなりましたが、I love you! をテーマに書きたいと思います。

できればお子さんが寝るときに

Mom:I love you, Airi!

といってhugしてあげてくださいね。

Kid: I love you, mommy! 

きっと最高にhappyな気持ちで眠りにつけますね。

Mom: Sweet dreams.

いい夢、みてね!

Kid: You, too!

ママもね!

日本人の私たちは大人になると言えない言葉ですね。ぜひお子さんが小さいうちに親子でたくさん使ってほしい言葉です。お子さんとだったら、Valentine's Dayに限らず毎日でもいいですね。この幸せ感を毎日こども達に感じさせてあげたいですね。

そしてI love you! と言うのと同じくらいhappyな気持ちにさせてくれる歌をご紹介します。

Skidamarink(スキダマリンク)という歌でタイトルだけ聞くと何のことかさっぱりわからない曲ですが、歌の中の歌詞にI love youがたくさんでてくるので、「大好きだよ!」という意味だと察しがつきます。辞書にもない言葉です。

歌詞はこれです。

以下、http://en.wikipedia.org/wiki/ から引用です。

~~~~~~~~~

Skidamarink a dink a dink,
Skidamarink a doo,
I - love - you!
Skidamarink a dink a dink,
Skidamarink a doo,
I - love - you!

I love you in the morning
and in the afternoon,
I love you in the evening
and underneath the moon;

Oh, Skidamarink a dink a dink,
Skidamarink a doo,
I - LOVE - YOU!

~~~~~~~~~


この曲をヴァレンタインデーが近くなってからはずっと聞き流していましたが不思議とやさしい気持ちになります。

You-tubeにも幸せ気分にさせてくれる映像がありました。GoogleでSkidamarinkを検索したらtopにヒットします。この動画で素適なSkidamarinkが聴けます!

http://thejoyluckclub.vox.com/library/video/6a00ccff938769d75600d09e763045be2b.html

毎日をカッカせずに穏やかに過ごしたいものですね。
以上、I love you! のすすめでした。


★─────────────────────────★
 【2】最近のヒット英語絵本
★─────────────────────────★


The Sesame Street DictionaryThe Sesame Street Dictionary
(2004/03/25)
Linda Hayward

商品詳細を見る


絵本というよりは子供向け(ネイティブで3歳から8歳向け)のやさしい英々辞典です。これを図書館で借りてきてからというもの夜の絵本タイムはこの他に日本語の本を1冊、英語の絵本が日課としてあるので、その結果絵本を読む時間が1時間を超え11時すぎが続いてしまっています。

Uh-oh! 早寝、早起き、朝ご飯・・・が遠のいていく~!

1つ1つのwordにおなじみのキャラクターたちの漫画がついていてその単語を使うときの状況がおもしろおかしく説明されています。娘が気にいっているのは単語の説明ではなくて、この漫画のセリフのようです。

saveの単語説明にあったセリフが、なぜかツボにはまったようで

「blue monsterが助けてあげたのに、女の子がHELP! HELP! っていってblue monsterから誰か助けてっていうところ、おもしろいから見せて!」

と毎日ここを見なければ気がすみません。

なぜか数箇所のところに異常な興味を見せています。ちなみに、saveの箇所は貯める方のsaveと救うsaveが2つ分かれてそれぞれイラストつきで状況説明があります。

save :Save also means to rescue someone or something from danger.

イラストの吹き出しには、
Uh-oh! There is someone who needs my help. I will save her. HELP! HELP! Somebody save me from this furry blue monster!

大人でも十分勉強になりますよ。娘はまだアルファベットが不完全で文字も読めないのですが
毎回聞かせていたせいか、このフレーズはおぼえてしまいました。

アルファベットがきちんと理解できて、単語の読み方がわかるようになればもっともっと楽しい本になると思うのですが、わからなくてもこれだけこどもを夢中にさせるのですからやっぱり本の威力ですね。

単語数は1300くらいで、IやJなど子供向けの単語が少ないアルファベットには1、2ページで終わっている部分もあります。

英々辞典というとなんだか難しいイメージがありますが、これならこども向けなので英語はあまり・・・というパパ、ママにも抵抗なく楽しめると思います。まだ文字がよめないお子さんでも絵を見て十分楽しめる本なので、子育て英語をされているご家庭に1冊あるとよいかも知れません。長くつき合える本になると思います。

我が家も図書館のものではなく、ちゃんと購入する予定です♪


★─────────────────────────★
 【3】Easter Party お申込スタートしました!
★─────────────────────────★

Bears English Clubの第3弾、イベントのEaster Partyを下記の日程で開催します。場所はいつもと同じ南町共栄会館です。

日時:3月16日 日曜日 PM2時スタート

※参加費:会員さん以外はお子様お一人につき、500円

本来イースターは翌週からなのですが、卒業シーズンなどでバタバタするかと思い、前倒しにしました。

今回はイースターにちなんで、たまごアートやエッグハンティングをやって楽しみたいと思います。Halloween、Christmasとネイティブさんに参加していただきましたが、今回はババ抜きならずネイティブ抜きになります。ご勘弁を! 

インドネシアや韓国や台湾ネイティブが来てくれるかも知れませんが・・・。


お申込は下記サイトからお願いいたします。

http://bears.manabos.com/event.htm

会員さん以外は先着10組で3月10日が締め切りです。
ご参加を希望される場合は、なるべくお早めにお願いいたします!

★─────────────────────────★
 【4】4月生の募集をスタートしました。
★─────────────────────────★

ようやく昨晩、HPの内容を新年度の指導内容に合わせて変更しました。
「英語でアート!」という造形教室か英語教室か曖昧なコンセプトで進めてまいりましたが、新年度からは「英語大好き&英語ができる自信と勇気と夢いっぱいの子になろう!」を理念に、将来につながるしっかりとした英語の力とプラスαの力をつける」をめざしてスタートします。

現在は前半が英語中心のアクティヴィティ、後半がクラフトや絵画のアクティヴィティをしながら英語を使う内容になっています。この後半の部分を4月からはテーマ学習形態にして、アート以外にもいろいろなことを扱っていきたいと思います。

幼児のうちは手先を動かして作ることが脳の発達にも情操面でもよいので、従来と同様にアートの部分が基本になりますが、小学生はそれ以外に算数や社会、自然など身近なことから社会を考えられるようなアクティヴィティを加えていく予定です。

その他の変更としては、一人ひとりの力をしっかり伸ばすために、定員を4名にし、英語力の目安として実力がついた段階で英検の受験をおすすめする予定です。レッスン日も火・木曜以外も2名以上でクラス開設ができます。

なんだか英語の勉強が大変そう!という声が聞こえてきますが、こども達の「英語って楽しい!もっと知りたい!」という気持ちを引き出す指導を心がけ、生徒と保護者の声をしっかり聞きながら、押し付けにならないように気を引き締めてやっていきたいと思います。

mixi内の教室専用コミュニティで保護者の方々から簡単にコメントをいただけるので、その点は便利ですね、ネット社会は。

などなど2008年度のBears English Clubをご紹介させていただきました。

リニューアルしたホームページはこちらです。

http://bears.manabos.com  

~★~★~★~★~★~

さて、2月も後半に突入です。私の目下の課題は確定申告とアルクの児童英語講師講座の添削です。なんとか今週、来週で片付けたい!

さてこのへんで

I'll say good-bye to you all with love!  ドキドキハート

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

今日は女性のための起業講座に行ってきました。一緒に参加された方と3人でランチして久々に家族以外とおしゃべりした気がする。
ちょっとストレス発散できました!

Appendix

Profile

ママとエイゴ/mamatoeigo

ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

Extra

プロフィール

ママとエイゴ/mamatoeigo

Author:ママとエイゴ/mamatoeigo
ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。