FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイリンへ ~ 保育園生活が終えて

今日は3月31日。思えば6年前の4月1日に2ヶ月で保育園に入園。あれからちょうど6年が経ったのだなぁと考えると、とても不思議な気がする。さすがに2ヶ月で預けていたから、朝預けるときに泣いて困るということは一回もなかった。迎えが8時ギリギリになって数えるほどの子供達しか残されていなくても、いつも楽しそうだった。帰り道で How was your day? と尋ねると、いつも返事はたいてい It was fun! だった。時には友達とトラブルがあってつまらなそうな顔をしていたこともあったけど、それでも次の日はまた保育園に行くのが楽しみになっていたね。

二人でSeattleにホームステイして、ほんと楽しかったね。また一緒にSeattleに行きたいね。これからも英語一緒にがんばろうね。寝るときは英語と日本語の絵本を一緒にたくさん読もうね。

年少のクラスでは会社を辞めたこともあって、ピアノや公文をスタートして早くお迎えに行くことが多くなったけど、みんなと外で遊べないからって泣いたことも結構あったね。

自転車の補助輪をはずしてからは自転車にも乗らなくなっていたけど、一昨年の大晦日にいきなり走れるようになったのはビックリしたね。元旦の日にジジの家の広い庭で颯爽と風をきって走っていた姿がとても格好よかったよ。

5歳になってサ行やタ行がうまく発音できない障害がわかり病院で毎週1回の言語訓練に通うことになったときは、毎晩寝る前の言語訓練も一緒にやったね。トイレにこもって自分で発音の仕方を研究して、あっという間にうまく発音できるようになったね。

初めてのピアノの発表会もコンクールも経験したね。とても緊張していたらしいけど堂々と最後まで弾けていて良かったよ。コンクールの結果が奨励賞でがっかりしてたね。「がんばって練習しなさいっていう賞なんだ。」とババに説明していたね。

Michaelが亡くなった後、TVでMichaelのパフォーマンスを観て感動で大泣きしてたよね。「こんなに素敵な人が死んじゃったのがとても悲しい」って言ってたね。それからは一緒にたくさんMichaelのDVDを観たり、CDを聴いたり、This Is Itを観に映画館にたくさん行ったね。保育園でもMichaelの歌を歌ったりダンスを踊ったりしていたんだってね。お友達のママに、「ネバーランドに行ったことがあるんですって!」なんて言われたときはビックリしたよ。気持ちはわかるけどウソはやめてね。

今年のお正月はスキーがんばったね。リフトに乗って自力で下まで滑って降りたのには感心したよ。3回しか転ばなかったって自慢してたね。スキースクールの先生が、「この子は上手になるよ!」って太鼓判押してくれてたよ。

パパが車の事故で警察官が夜遅くにうちに来たときはビックリしたね。昨日も、「パパがあの事故でいなくならなくて良かったねぇ。」と言ってたね。パパが川で捕まえてきたうなぎ、2匹とも保育園で元気に生活しているね。

今日の帰りに園長先生に今までのお礼を言ったとき、先生が「うなぎを見るとアイリンを思い出すわ」って言ってくれたよ。うなぎを保育園に預けてほんとに良かったと思ったよ。保育園の先生方はやさしくて素敵な先生ばかりだったね。あったかい保育園で6年間も過ごせたアイリンは、とってもとっても幸せだったと思うよ。

小学生になったら今までよりも、もっといろいろな先生やいろいろな子供達がいるけど、きっと大丈夫だよね。いつも心配しているのは私だけど、アイリンは落ち着いて自信もって何でもできるからね。どんなときでも楽しむ気持ちを持ってるし。きっと大丈夫。友達もたくさんできるよ。マイペースでゆっくりなのは心配だけど、それもアイリンの個性だからね。でも、いつも言っていることだけど、何かやるときは集中して一生懸命やろうね。「できないっ!」って思わないでまずは「できる!」って思ってやってみようよ

明日は4月1日。いよいよ小学1年生。これからも素敵なアイリンでいてね

Lots of love from Mama


スポンサーサイト

子供の自尊感情を育てること

最近、子供達の自尊感情の低さが気になっています。

きっかけは、私の友人のお父様の書かれた本を読んだことでした。

その人造り=育児+教育+食育は間違っています! ちゃんとしたフツウの国にするために徹底追及その人造り=育児+教育+食育は間違っています! ちゃんとしたフツウの国にするために徹底追及
(2010/02/01)
最上 清治郎

商品詳細を見る


下記の記事の内容が端的に紹介されていました。以下、産経新聞からの引用です。

都教委、小学生に“自尊教育” 中高生の半数「自分に否定的」

日本の子供たちは自分が嫌い-。東京都教育委員会が公立の小中学生、都立高校生を対象に「自尊感情」について調査したところ、中高生の5~6割が「自分」を好意的にとらえていないことが10日、分かった。日本の子供たちの自尊感情の低さはこれまでも指摘されてきたが、自治体レベルで大規模な調査が行われたのは初めて。都教委は現状を深刻に受け止め、「自分の存在や価値を積極的に肯定できる子供を育てる」とし、4月から小学校で試験的に“自尊教育”を実施する。

 都教委は昨年11~12月、都内の小学生4030人、中学生2855人、高校生5855人を対象に、自尊感情や自己肯定感をテーマにしたアンケートを行った。 

 調査結果によると、中学生では「自分のことが好きだ」との問いに、「そう思わない」「どちらかというとそう思わない」と否定的に回答した割合が、中1=57%、中2=61%、中3=52%に上り、全学年で「そう思う」「どちらかというとそう思う」と肯定的に答えた割合を上回った。高校生でも否定的な考えが目立ち、高1=56%、高2=53%、高3=47%だった。

 小学生では、小1の84%が肯定的な回答をしたが、学年が上がるにつれてその割合は低下し、小6では59%となっている。

 このほか、国内外の青少年の意識などを調査・研究している財団法人「日本青少年研究所」の国際調査(平成14年)でも「私は他の人々に劣らず価値のある人間である」との問いに「よくあてはまる」と回答した中学生が、アメリカ51・8%、中国49・3%だったのに比べ、日本は8・8%と極端に低かった。

 自尊感情が低いことについて、同研究所の千石保理事長は「謙虚さ、控えめを良しとする日本の文化がまだ根強いのが一因」と指摘。「子供が成績を他人と比較して、すぐに『自分はダメだ』となる傾向も見られる。これは日本だけの特徴で、諸外国に比べて自己評価が低い。もっと自分に自信を持たせるような教育を進める必要がある」と話している。



東京都では自尊心の低さは学力低下につながるとして、自尊教育を行うことになったそうです。

4年ほど前に子供造形教室で出会った小学2年生のことが思い出されました。2年生なのに関わらず、彼はすぐに自分にことを、「僕、バカだから・・・」、「僕、ダメだから・・・」と口癖のように言っていた。私は何でまだ小学2年生なのに自分のことを決めつけてしまうのか、妙な違和感を感じました。これは彼だけの問題ではなく、今や日本全体の子供達の抱えている問題のようです。

なぜこんなに日本の子供達は自尊感情が低いのか、もっと詳しく知りたくなりました。そこで読んだのがこの本です。

日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか (光文社新書)日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか (光文社新書)
(2009/05/15)
古荘純一

商品詳細を見る


「自尊感情」とは、自分の外見、性格、特技、長所短所、自分の持っている病気やハンディキャップなど全部をひっくるめた上で、自分のことを自分自身でどう考えるかということです。

自尊感情の低さが、低学力、いじめ、虐待、少年犯罪、薬物依存、早すぎる妊娠、自殺、摂食障害、引きこもりなどに関連があると考えられているようです。

医療現場で児童精神科医として著者が感じている子供達の状況への危機感が伝わってきました。

・日本の子供達はとても疲れていて、自分の居場所を見つけるのが困難になっていること。

・日本の教育システムが自尊感情を下げる方向で機能していて、成績の良い子であっても自尊感情が高くはないこと。

・子供達の自尊感情が低いのは親自身の自尊感情の低さにも原因があること。

・自由闊達であるはずの子供達がKY(空気を読めない)という周囲からの無言のプレッシャーにさらされ、その中で自分を守ろうと精一杯なこと。


子供達の自尊感情を守るために、私達大人は子供とどのように関わったらよいのでしょう。著者が提案する子供との関わり方を項目だけ紹介しておきます。

1.子供の話に耳を傾ける

2.子供の自尊感情・発達という視点を持つ

3.まずは親が自己を肯定する

4.親の期待を押し付けず、子供を肯定的に受け止める

5.子供自身が目標、希望を持てるようにする

6.自尊感情は低すぎず、高すぎず

7.規則正しい生活習慣の確立

8.大人がみんなで子供を育む社会を目指す


子供は社会の鏡。私達大人が自分達の尺度で子供を評価したりせず、子供自身のあるがままを肯定的に受け止め、希望や目標を伸ばせるように応援していくことが、子供の自尊心を守ることにつながります。

子供達が自分の好きなことや得意なことを見つけて、自信を積み重ねていくことで自尊感情が保てます。親として、周りの大人として、子供達一人ひとりのよいところを見つけて子供自身にフィードバックしていくことは、とても大切なことなのだと改めて考えさせられました。


Easter Party 2010 開催します!

暖かいと思えば寒かったりと日々は変動はありますが、少しずつ春に向かっていますね
春のイベントといえば、やっぱりイースターです。2010年のEasterは4月4日の日曜日ですから、あと10日ぐらいですね。

昨年はせっかく予定したHalloween Partyが前日キャンセルという寂しい結果に終わってしまっているので、今度こその思いを込めて、Bears English Clubとしてのイベントを広い会場で子供達と一緒に楽しみたいと思います。

日時はEaster当日の4月4日の日曜日。おなじみの南町共栄会館にて2時より開催します。

既に予定があって参加できない教室生も多いので、一般の方も参加していただけることになりました。

イースターといえば新しい生命の誕生を祝うということで、卵に色づけをして自分なりのデコレーションをして楽しむエッグカラーリングや、イースターエッグを見つけて遊ぶイースターエッグハント。そのほかにも卵を使ったゲームを外国から来たゲストと一緒に楽しむ予定です。

Bears English Club恒例の子供達の発表もありますよ。

参加申込みをご希望の方は、こちらのページをご確認の上、お申込みください。

去年のEaster Partyで活躍したうさぎのDavidが、今年も参加しますよ

David


Happy Easter!

発音記号と英和辞典

やーっとこさ確定申告をギリギリの15日に提出。ちょっとだけ肩の荷がおりました。ブログもメルマガもすっかりご無沙汰してしまったことに猛反省

この間いろいろなことがありましたが、ささやかに運営している英語教室 Bears English Clubとしては、画期的なことがありました。

その1
小学生クラスで発音記号にもとづく発音の指導をスタートしました。

その2
その小学生クラスで英和辞典を使った指導をスタートしました。



これに至った背景としては、小学生向けの英検5級対策講座がありました。もっと英語をがんばりたい!と感じる子供達が今年の10月に英検5級を受験することになり、通常レッスンにプラスして英検対策講座を7月から3ヶ月程度で開催することになりました。その準備として対象者には、自宅学習用のプリントを進めていただくことになったわけです。

英検5級には600単語程度が必要です。単語は正しい音とセットで身につけないと使いものになりません。いつも音声とセットにしておぼえる習慣を早い段階で身につけられれば、今後の英語との付き合いはかなり良好なものになるといえるでしょう。

ネイティブスピーカーであれば正しい音は周りに溢れているので問題ないでしょうが、日本語環境にいる私たちはつい音声をおろそかにして自己流になりがちです。そんな私たちの強い味方が発音記号です。発音記号と一緒に正しい音を身につけ、新しい単語に出会うときに発音記号を確認する習慣があれば、はじめから音と単語をセットでインプットできます。

正しい音とセットの単語のインプットなくしては、リスニング、スピーキングの力につながりません。自分が正しく言えない言葉は聞き取れないのです。

とまぁいろいろ考えた末、発音記号に基づく発音指導は子供達が本格的に英語を学ぶための大きな力になると確信したわけです。小学生に必要なのは、英会話教室ならではのちょっとした決まり文句を知ることよりも、日本語と英語がどんなに違うかを発音を通して実感して、それを私たち日本人がわかるように発音記号を通して練習して身につけること。わからないことがあったら、自分で辞書で調べて解決すること。そういう探求活動なのではないでしょうか。

そこで、英検対策講座の対象者だけでなく文字の理解力がついてきた小学生には全員、発音記号を理解して正しい音を出せるように指導することになりました。

発音記号を確認するには、英和辞書が必要です。小学生とはいえ、ある程度の語彙数がなければ困るし、見やすく使いやすい辞書を探していろいろ調べたところ、ジュニア・アンカーに決定しました。

ジュニア・アンカー英和辞典ジュニア・アンカー英和辞典
(2001/11)
野田 哲雄

商品詳細を見る


最近の辞書って本当に親切ですね。辞書1冊の中の情報量は物凄いです。使い方、同義語の解説、フォニックス解説から文法、巻末には発音記号の解説、おまけにCDもついていて英語の歌や発音記号の音の解説まで網羅しています。

たまに傷なのは発音記号の横にカタカナがふってあることですが、最近はどの辞書にもカタカナ表記がついています。発音記号が読めない子供達のための配慮だと思いますが、英語をカタカナで表記するのは無理があります。発音記号ははじめは難しく感じてしまいますが、誰でもアルファベットをおぼえられるのですから、発音記号もおぼえられないはずがありません。

意識するかしないかの差がどんどん広がっていくことを考えれば小学生の早い段階でこの習慣ができれば、今後の英語学習で大きな力になるでしょう。発音記号を意識して学習した子供達は効率よく英語を学習できるようになりますが、発音記号を軽視して自己流の発音でおぼえた子供達はおぼえた単語の中で本当の意味で使える単語の割合はその何割かにとどまってしまうのではないかと思います。


正直なところ最初は小学1年生2年生に中学生用の辞書が使えるだろうかと少し不安はありました。ところが実際にレッスンで辞書を引いてみると、みんな生き生きとターゲットとなる単語を探しています。思ったより短時間で単語を発見できています。みんなで同じ単語を探しているので、一番早く見つけた子が、"Six hundred and fifty." と、英語でページを教えてくれます。数を理解する勉強も同時にできます。該当単語を探したらそのページに付箋をつけていきます。

この間の冬季オリンピックの時は、開催地のCanadaの英語の発音を調べてみました。辞書で引く前は子供達それぞれいろいろな発音を予想していましたが、最後に発音記号を確認して正しい発音がわかったときは、子供達に驚きのような感動が広がりました。Canadaは英語だけでなくフランス語も話す人がいるということも辞書からわかって、いろいろな発見がありました。

辞書は情報の宝庫です。辞書好きの子供達は学ぶことが好きになります。辞書を使った学習には、学びの原点があるような気がします。

教室で洋書絵本の貸出サービスをしていますが、「借りた本の単語も辞書で調べたりして普段も使うようになった。」とお母様が教えてくれました。とても嬉しい一言でした

発音記号に基づく発音指導はまだ始まったばかりです。昨年一年間は私も、指導者としての発音を学ぶ発音道場に通って、発音を通していろいろなことを学びました。その内容を今度は私が子供達に伝えていきたいと思います

子供達の将来につながる英語の芽を大きく育てるために・・・・













Appendix

Profile

ママとエイゴ/mamatoeigo

ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

Extra

プロフィール

ママとエイゴ/mamatoeigo

Author:ママとエイゴ/mamatoeigo
ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。