FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども英語劇講座 最終回

3月17日 土曜日 子ども英語劇講座の最終回、第5回目が終了しました

あいにくの雨模様でしたが、会場入りした9時半過ぎ、すでに参加者の一人が会場にいたのには驚きました。やる気十分です

本来は14時スタートの講座ですが、練習時間が足りず仕上がりが遅れていたので、苦肉の策で午前中の10時45分から参加できる子供たちだけ任意練習に参加してもらいました。すでに予定が入っていた子供たちを除き、ほとんどの子供たちが参加してくれました。どうもありがとうございました

前回から台本は見ない予定だったのですが、結果的に台本から離れることができず、ほとんどの子供たちが台本かぶりつき状態でした。そこで受付時に台本を預かることにしました。ファイルを回収すると、誰からも「エーッ」とか、「ムリ~」という声も聞くことなくすんなりでした。

まずは全員が自分の将来の夢を発表する部分を中心に練習しました。それが終わるとさっそく、シーン1からの通し稽古です。11時半頃から全シーンを通したら、あっという間に12時半近くになりました。早くお昼を食べたいのでみんなで集中して頑張りました。まだ時間がかかるところはあるものの、スタッフ同士で「いい感じだね。なんかちゃんとできそうだね。」と好感触を持つことができました

前回の4回目の練習の後は、楽天的な性格の私ですが、めずらしく落ち込んでおりました。全シーンをようやく1回通せたものの、子供たちのセリフがうまくまわっていなかったり、準備で発生するロスタイムが多く、発表のイメージが湧いてきませんでした。今までの英語劇の経験では、本番になると子供たちがすごい力を発揮して、不思議なくらい形になっていることを考えて、多分今回も本番ではうまくできるかも知れないという期待はありました。とはいえこの人数でしかも英語経験にバラツキがあることを考えると、どこまでできるだろうと焦りや不安を感じていました。

練習ビデオを見て次の点が気になり、これは絶対に改善しないと!と決意を新たにしました。

1.台本は絶対に手放さないといけない。

2.セッティング中にメインの子供たちがボーッと待っているのが不自然。

そこで、今度は受付で台本回収をすることに決め、シーン移動のセッティングも子供たち自身でやってもらうことにしました。

準備中の横断幕を年長さんに持ってもらい、腕立て伏せが得意そうな子供に腕立て伏せを披露してもらうことにしました。これだと観ている人も退屈せず待っていられるように思いました。

実際やってみるとその方が子供たちもイキイキしてきて、横断幕を引っ張るだけでもすごく嬉しそうな年長さん。腕立て伏せも面白そうにやってくれました。やっぱり、子供たちは動かさないとダメですね。途中、横断幕が破れてしまうというハプニングはありましたが、無事メンテナンスもできて、子供たちも筒を回すコツをつかんだようでスムーズにできるようになりました。Good job!

最終回の練習は子供たちも並々ならぬ緊迫感を感じたのか12時を過ぎても、「お腹すいた~」という声も出ませんでしたね。

練習が終わって、待ちに待ったランチタイム! 青田さんが子供たちが和気あいあいと食べられるようなお昼を用意してくれました。

昼食パック

たくさんのオカズとオニギリ一人2個ずつです。好きなオカズをめぐって、ジャンケンしながら争奪戦を繰り返して食べていましたね。

lunchtime black

lunchtime red

lunchtime white

食べ終わる頃に、Whiteのメンバーが私のところにやってきて、「レタスを残したら、チーム評価にひびきますか?」との質問が・・・。Whiteはいつもチームワークの良さを私たちにアピールしてくるのですが、そこまでこだわっていたとは

楽しくおいしいランチに満ち足りた後は、1時20分から恒例のリトミックレッスンを軽くやって、25分からはプレリハーサルを行いました。プレリハーサルになると子供たちも手順を把握して、自分たちで準備やセッティングもスムーズにできるようになりました。一回通すごとに、どんどん劇がまとまってくるのを感じることができました

そして、いよいよ最終リハーサル前、みんなで円陣を組んで、We can do it, we can do it, we can do it! と三唱しました。子供たちのエネルギーもいよいよ高まってきました。

円陣

最後のリハーサルは残念ながら時間ギレでシーン4までしかできませんでしたが、ここまで出来上がっていたら、もう大丈夫という感触を持てたので、私もあとは本番に任せる気持ちの余裕が出てきました。

そろそろ保護者の皆さんをお迎えする時間なので、ここで出演者は休憩をとることにしました。

バッグにしのばせていった金平糖。本番前に子供たちに「パワーをくれるMagic candyだよ!」と言って食べてもらいました。

magic candy

そんな時、なんと緊急事態発生
Mちゃんの足にトゲが刺さってとれないというのです。女子更衣室では女子たちが一生懸命トゲを抜こうと格闘中でした。ピンセットをスタッフの方にお願いしてなんとか保護者の方達をそれほどお待たせすることもなく、トゲが抜けました。これで一件落着。ホーッ

そして、いよいよ本番。更衣室付近では円陣は組めないけれど、その代わりみんなで体を寄せ合って、We can do it! を三唱して舞台へ登場して行きました。Here we go!

子供たち、ママやパパの顔を見て、嬉しいような照れくさそうな感じでしたね。消えていた照明がついて、キーンコーンカーンコーンと合図の授業終了の鐘の音。

It's playtime! Red leaderのYくん、元気よく声を出してくれました。

劇がはじまってからは、あっという間に時間が過ぎていきました。練習の時よりも、もっと速いペースで進んでいきました。

Redチームがエジプトに着いて、Walking Like Egyptiansを踊っています。マラカスを片手に持って、シャカシャカシャカと響きます。Redチームはダンスが得意ですね

エジプシャンダンス

らくだとらくだ引きがやってきてらくだに乗るシーンです。らくだ役とらくだ引きさん、雰囲気たっぷりでした

らくだ乗り

Blackチームに交代して、今度はアメリカのシーンです。Look! That's the Statue of Liberty!

自由の女神

自由の女神、Sちゃん、すごく似合っていました。

アメリカからインドへのシーン転換の場面は、れいの腕立て伏せでうまく場を盛り上げてくれました。

腕立て伏せ

カレーレストランでは、Blackチームの息のあったところを見せてくれましたね。I'm hungry. のはずが、つい Look! と言ってしまったKくんでした

カレーレストラン

Whiteチームは、Redチームと一緒に太極拳ソングを踊りましたね。

tai chi song

ロンドンのシーンでは、警官役の二人が頑張ってくれました。わざと転んでくれたり、愛嬌たっぷりでしたよ。

警察官

すべてのmagic stonesが集まったところで、この9つの文字で一つの単語を作ります。

アドベンチャー

Mちゃん、見事、adventureを完成させてくれました。

fairy役のまや先生、goodbyeコールで退場です。

別れ


いよいよ子供たちの将来の夢の発表です。23人の子供たちが自分で描いた絵を持ってしっかり発表できました。

love

最後は、I love you! の手話を手で作って、Aちゃんの掛け声で、I love you. Thank you very much! で締めくくりました。

子供たちがミラクルパワーを発揮して、保護者のみなさんに、素敵な冒険の旅を見てもらうことができました。やっぱり子供たちの本番で発揮する力は素晴らしいです。やってくれました

子供たちが気にしていたチーム賞ですが、どのチームにも良いところがあったし、全員が頑張ってくれていたので、3チームそれぞれの賞を授与することにしました。劇の成功という結果だけでなく、ここまでチームで頑張ってきたプロセスに意味があったと思います。

講評

まずは、the best promising award 「期待できるで賞」です。 RedチームはリーダーのYくんが孤軍奮闘していましたがチームがまとまらず苦労していました。徐々に肩の力も抜け、チームワークも出てきた気がします。

次は、the best team award 「良いチームでしたで賞」です。WhiteチームはリーダーのSくんをサブのMちゃんが上手にサポートしてチームの雰囲気が最高でした。

最後にthe best performance award 「よくやったで賞」は、Blackチームが獲得しました。高学年女子が小さい子の指導と面倒を一手に引き受けていました。時にはやんちゃな男の子達が怒られてシュンとしていた場面もありましたが、全員のセリフやピラミッド作りなどチーム力を見せてくれましたね。

個人賞は、らくだ役で二人の女の子を背中に載せてくれたWhiteリーダーのSくんです。らくだのオモチャ、気に入ってくれたかな?

リーダー、サブリーダーは、はじめはみんなをうまくまとめられるか不安だったようですが、結果的には楽しんでできたようで良かったです。

子ども達が社会に出た時には、異なる価値観、異人種の人達と共同でプロジェクトを進める機会が益々増えると思います。英語も必要ですが、相手を理解する努力を重ねながら良い方向にチームを導いていくリーダーシップを学ぶ機会も大切だと思います。

英語が初めての子ども達と英語に慣れた子ども達、いろいろな小学校、幼稚園などから来たバックグラウンドの異なる子供たち同士が一緒に遊び、練習し、最終的に一つの作品を通じて一つになれたこと、子供たちにとっても良い経験になったのではないかと思います。私も、こんなにたくさんの子供たちと一緒に劇を作ったのは初めてだったので、いろいろ反省もし、勉強ができました。

一人も欠けることなく今日の晴れ舞台で発表ができたこと、本当に嬉しく思います。保護者の皆様の暖かいサポートに感謝しております。

保護者の皆さま、本当にどうもありがとうございました

また機会があれば、一緒に英語劇をやりましょう。多くの子供たちがまたやりたい!と言ってくれたこと、とても嬉しかったです。

我が家の妖精さん、心なしかちょっと疲れて見えます。

妖精

magic stoneもバキバキでした。

magic stone



スポンサーサイト

子ども英語劇講座 第4回

3月10日の土曜日、子ども英語劇講座 第4回が終了しました。
次回が発表ということで私たちスタッフはかなり焦っているのですが、子供たちはいつものように元気いっぱいルームをかけっこ&鬼ごっこで縦横無尽に走り回っています。休憩時間に走り回っているときが一番元気です

最後のシーンに使う将来の絵の宿題をたくさんのお子さんが描いてきてくれました。自分の好きなもの、なりたいものを表現してくれていました。どうもありがとうございました。子供たちの表現力には圧倒されました

最後の自分のセリフも練習してきてくれましたね。なりたい仕事をどう英語で表現したらよいか悩んだお子さんも多いと思います。

子供たちの発表の参考に表現のサンプルを書いておきます when I grow upは、入れても入れなくてもどちらでもいいです。お子さんが言える範囲で練習してみてくださいね。最初のHi, I'm Masako. 最後のThank you. を英語にしてサンドイッチ形式で日本語をはさむのもいいですよ。

発音は無料のオンライン英英辞書サイトを使うと便利です。その場で正しい発音を確認することができます。

http://www.merriam-webster.com

パティシエ(ケーキ屋さん)

女の子に人気のあるパティシエ。ケーキ屋さんとか菓子職人のことを言いますね。フランス語ですがソムリエと同じく普及していますね。なじみやすいパティシエを使って表現するとこうなります。

I want to be a patissier.

純粋な英語で表現するとpastry chefと言うことが多いようです。

I want to be a pastry chef. 


chefだと料理長なので、pastry cookでもいいですね。 

フランス語に忠実に言うと女性の場合は、patissiereと最後にeがついて発音もパティスィエールになるそうです。言葉は知れば知るほど難しいですね。

獣医さん

veterinarianが一般的な獣医をあらわす言葉です。言葉が長いので、会話の中では通常vetと短縮されることが多いです。

今回の発表では、省略語のvetでいいと思います。
I want to be a vet.

同じvetでも別のveteranの省略のvetもあります。この場合は退役軍人のことや、熟練者のことを言います。

デザイナー

一言でデザイナーと言っても、いろいろな分野がありますね。
NHKの連続テレビ小説カーネーションのような洋服のデザイナーであれば、dress designerfashion designerがいいですね。

I want to be a fashion designer.
I want to be a dress designer.


ウエディングドレス専門なら、wedding dress designerですね。
ちなみに商品などのデザインはindustrial designerです。

画 家
I want to be a painter.
I want to be an artist.


子供たちの絵を見ていると、描くのが好きな子の絵はすぐにわかりますね。細部にもこだわりが感じられます。
画家はpainterartistが一般的ですね。artistというと幅が広くpainterというと描くことに特化した感じですが、ペンキ屋さんや塗装工も含まれます。

作 家

作家の場合は、writerauthornovelistが使われます。
writerauthorは一般的にものを書くことを仕事にしている人のことですが、authorの場合は出版されるものを書く人のことを言います。novelistは小説を書く人のことを言います。
推理小説家はmystery writer です。冒険物の物語を書く作家は、adventure writerがいいですね。

I want to be an adventure writer.

アナウンサー

ニュースを読み上げる人は、announcerbroadcasterと言います。
日本ではニュースを紹介しながら司会進行する人をニュースキャスターやキャスターと言いますが、アメリカではanchoranchorpersonnewscaster と言います。日本のキャスターを意味するのは、newscasterで、キャスターは和製英語です。

I want to be an announcer.
I want to be a newscaster.



漫画家


漫画家も女の子に人気の職業ですね。

cartoonist
comic artist


I want to be a cartoonist.
I want to be a comic artist.



客室乗務員

I want to be a flight attendant.

昔はstewardessと言いましたが、性別を限定する言葉が使用されなくなったので、今は使いませんね。日本ではスチュワーデスのことをcabin attendantからキャビンアテンダントとかCAと言うのが一般化しています。いろいろなサイトを見てみると、cabin attendantは少数派で一般的に客室乗務員を示す言葉はflight attendantのようです。

楽器の演奏者

violinist  バイオリニスト
pianist   ピアニスト
cellist     チェリスト
guitarist  ギタリスト

istをつけるとその楽器の演奏家になるパターンが多いですね。
guitaristになりたいと思ったことがありました。修行の道に入りかけて師匠と中国に演奏旅行に行ったこともありましたが、挫折して高価なguitarだけが眠っています。

お花屋さん

お花屋さんは、floristですね。経営者のことも従業員のこともどちらもfloristで大丈夫です。

看護師

看護師も女の子に人気がありますね。看護師の英語はnurseですが、保育士さんも同じくnurseで表します。動詞のnurse(世話をする、面倒をみる)からきているからです。
保育士になりたい場合は、nursery teacherchildren's nursedaycare nurseと明記した方がいいかもしれませんね。
同様に看護師を明確にしたければ、hospital nurseとすればわかりやすいですね。

お医者さん

医師といえばdoctorですね。最近よくドラマにでてくる外科医は、surgeonです。

スポーツ選手

スポーツ選手は、球技の場合はだいたい最後にplayer をつけて表現します。

soccer player     サッカー選手
baseball player     野球選手
basketball player   バスケットボール選手
tennis player      テニス選手
table tennis player   卓球選手

golfskateのようにゴルフをする、スケートをするという動詞を持つ単語は、erをつけてgolfer, skaterのように職業を表します。

化石発掘

化石をほる仕事は男の子なら誰でも憧れるかもしれませんね。

化石発掘はfossil excavation といいます。発掘するという意味のexcavateの名詞です。
発掘をする人のことをexcavatorと言います。化石発掘をする人であれば、fossil excavatorでいいです。この名前のカード、ポケモンカードにあるそうです。

I want to be a fossil excavator.

発掘だけでなく、考古学者になりたいならこう言いましょう。

I want to be an archaeologist.


ハロウィンになるとハロウィンキャラクターのghostwitch、かぼちゃのオバケのjack-o'-lantern, skeletonなど思い思いの変装を楽しみますね。将来の夢が今思いつかない人は、こういったキャラクターでもいいかもしれません。

忍者になりたいお子さんもいました。ninjasamuraiは海外でも有名なので、そのままninjaで大丈夫です。

I want to be a ninja.
 

何になりたいかまったく分からなければ、I don’t know. または、I haven’t decided. でもいいですし、日本語でそのまま正直な気持ちを言ってくれてもいいですよ

今回提出を忘れた人は、来週持参してくださいね


講座の振り返り

scene1からscene8まで小道具、エキストラ全部を総動員して練習を行いました。子供たちの出るタイミングの調整やその場での動き、小道具のセッティング、衣装など、8シーンあるのでテンヤワンヤでした。ブラックチームの子供たち、エジプトのシーンで作るピラミッドの作り方にあーでもないこうでもないとチームでいろいろ試行錯誤していましたね。いろいろ検討して納得できる形を見つけるプロセスも大事かなと思ってあまり口は出しませんでした。終了の4時直前になんとか最後のシーンのところまでたどり着きました。反復練習によって内容を改善していく時間がないのが悩みです。


「今日は台本なしでやるよ!」と言ったのですが、ほとんどの子供たちが台本かぶりつき状態です。台本を持っていると安心なのでしょう。台本から離れないと演技している子供たち同士の顔も見られないし、手も上げられないし、喜怒哀楽を表現できません。なくしたmagic stonesを一つひとつ探して回る内容ですから、見つけたときはもっと喜んで欲しいです。そのためには台本は邪魔になるばかりです。次回の発表では勇気を出して台本を置いて、チームのみんなを信じて、嬉しいシーンはみんなで弾けて欲しいと思います。私たちスタッフも力いっぱいフォローするので、セリフを忘れてしまっても大丈夫ですよ。間違えたって構いません。諦めずにみんなで力を合わせてこの大冒険をやりとげましょう 

今回の英語劇講座、子供たちにとって本当に大変な冒険だと思います。英語学習経験のない子供たちも含め23名の子供たちが2時間講座の4回で約30分(今のところ45分ぐらいかかりそうです)のオリジナル劇、The Great Adventureを英語で演じること自体がとてつもなく大きなチャレンジだと思います。一人では乗り越えられない大きな壁でも、ご家族やチームメンバー、英語劇の仲間と一緒なら、越えられると思います。みんなでそう信じて最後まで諦めずにやり遂げましょうね

特にがんばって欲しいのは、全員で言うセリフ、チーム全員で言うセリフです。magic mapを使って目的の場所にワープするシーンはチームみんなで盛り上げてくださいね。

練習中誰一人、できないからといって投げているお子さんがいませんでした。事前練習から講座後の練習まで、長時間ずっと参加してくれたお子さんもたくさんいました。来週はみんなのパワーを一つにして、楽しい冒険の旅を届けたいですね

We can do it!

次回講座に向けてのお知らせです。


泣いても笑っても今度が最後です。練習時間が足りないので、午前中から任意参加の練習を行うことになりました。従来通り任意参加です。ご予定のあるお子様は2時までにいらしていただければ大丈夫です。

この午前練習はお昼をはさむので、特別に、昼食付きにしていただきました。おにぎりとか食べやすくて子供に人気のあるメニューをセンターさんの方でご用意いただくことになりました。英語劇仲間同士、ワイワイモリモリ食べて盛り上がりましょう

任意練習:3/17 土曜 10時30分から受付開始
練習開始時間:10時45分から


※昼食付きです。飲み物はご持参ください。
※食品アレルギーのある方は昼食をご用意ください。

英語劇発表の開始時間が15分早くなりました。
3時スタートになりますので、お間違えのないよういらしてくださいね


See you on March 17!



子ども英語劇講座 第3回

桃の節句の3月3日に、子ども英語劇講座 第3回が終了しました。昨日はお天気もよく、気持ちのよい桃の節句になりましたね

1時15分から2時までは、任意参加にもかかわらず、1時10分頃からたくさんの子供たちが集まってくれました。どうもありがとう 子供たちのパワーを感じました。この時間は主に、英語劇挿入歌・チャンツの練習を行いました。

まずは、ふじの山。この歌を歌うと、とても気分がよくなりますね。子供たちもしっかり声がでていて振り付けもバッチリでした。最後のFuji is the most beautiful mountain in Japan.も自然に歌えていてGood!ですね。

mount Fuji song


Climbing Upは、最初に4拍のイントロが入るので、それを聴いて準備して5拍目にはみんなでそろって右足から踏み出せるようにしましょう。

Walking Like Egyptiansの歌はめぐみ先生持参のChiken Shakeという卵形のマラカスを使ってやってみました。ちょうど任意参加中の子供たちの分があったので、全員で使ってみました。体の動きにあわせてシャカシャカいって楽しいですね。子供たちもすっかり夢中になっていました  私は高校時代はギター兼マラカス担当だったので、マラカスには結構自信があります


Row Row Row Your Boat
の歌もいい感じです。最初の歌詞は[ou]の音が韻をふんでいるので、しっかり口をオウと動かしましょう。オーではありません。間違って最初正座して漕いでしまいましたが、ボートを漕ぐときは正座はしないので、脚は伸ばしましょう。最後のdreamも[i:]と口を横に思いきり引いてイーと発音しましょう。

Curry Chantは、RedのリーダーYくんがコックさん役で実際の劇と同じようにやってもらいました。子供たちはそれにあわせて、Onion, carrot, potato and meat. Cut, cut, cut. Cut cut cut.と言います。子供たちは両手でまな板と包丁にあわせて切る仕草をすればいいですが、コックさん役の場合は、野菜のおもちゃを下に置いて、右手で切る仕草がいいですね。

太極拳も楽しい動きですね。We are healthy, we are strong, we are healthy, we are strong.で前に前進するのですが、私と子供たちの距離が近くなって、押し合いっこになったのが笑えました。最後のLet's do tai chi in Tiananmen Squareでふざけてお友達の首をグイグイするふりをしたりして楽しみました。

tai chi song practice

London Bridge は実際は、Redがbridgeを作り、Whiteがわたりますね。ここではWhite以外の子供たち全員でbridgeを作ってもらって、その中を歌にあわせてくぐってわたりました。橋が落ちるスリルが楽しいですね。

最後にScene8のIt's a Small Worldをやってみました。舞台の右手がRed 左手がWhite、真ん中がBlackで横一列に並んで、最初がRed、次がWhite、最後がBlackで大きく手を頭の上で左右にふります。最後のI love you! の手話のマークは、中指と薬指だけはたたんで、あとの指は上に伸ばします。Yくん、突き指しているのにやろうとしていたので、焦りました。無理しないでいいですよ

こんな感じで楽しい任意練習でした。歌の歌詞と一緒に歌の練習ができる動画は、下記のYoutubeチャンネルから再生できます。練習にご活用ください。

YouTube ママとエイゴチャンネル


来週も同じく1時15分から任意練習をスタートします。たくさんの子供たちの参加をお待ちしています

2時になり本番の講座のスタートしました。今日はなんとしても全シーンをひと通り通さないと! とスタッフも子供たちも気合十分です

まずは、めぐみ先生のピアノにあわせてリトミック講座です。子供たち同士、音楽にあわせてお友達の肩をたたいたり、自分の体をたたいたり、床や鏡をたたいたり、先生たちをたたいたりと、フロアを四方八方駆け回っていましたね。終わってからも、「もう一回やりたいよー」という声が上がっていましたが、残念、今日は英語劇を最後までやらないとね。

リトミックタイム


自分のセリフが言えない人は他の人にかわってもらうかセリフ自体がなくなってしまうので、自分の練習の成果を精一杯発揮してしっかりセリフを言おうね! と、子供たちに伝えました。

前回のチーム評価の結果は、Black 1位、White 2位、Red 3位だということを伝えると、Redのメンバーからチーム評価は発音で決まるの? という質問がでました。

チームの評価は、チームの団結力をみます。チームの中でふらふらしていたり、無駄なおしゃべりが多ければ、チーム評価は低くなります。全員が協力して結果を出しているチームが高評価になりますよ。まだまだ挽回できるので、RedもWhiteも頑張りましょう

まずはシーン1の読み合わせです。前回言えなかったセリフを今回はおぼえてきた子がとても多かったです。前回よりとてもよくなりました。今回言えないセリフがあった人は、残ったセリフは必ず言えるように練習をお願いします。そのときは、どんなタイミングでセリフを言えばいいのかCDをよく聴いて、一緒に把握しておいてくださいね。CDをよく聴いて、ストーリィを頭に入れるのも練習のうちです。

続けてRedの冒険シーンの2&3をやりました。その間、BlackとWhiteはチームごとに冒険シーンのセリフ練習です。2回目にくらべて今回はどのチームも真剣みが増してきたようです

drama practice


そのあと、Black チームは、4&5の練習をしました。USでは海の上でボートにのって波にのまれるシーン、Indiaはカレーレストランでカレーを食べるシーンです。小道具の設置など、かなり煩雑で時間がかかってしまったので、次回はスムーズな舞台セッティングを目標にしたいと思います。

drama practice


magic mapはリーダーさんが冒険中持ったままです。magic stoneを手に入れたら、そのmagic stoneも手にした人が冒険中は持っていてくださいね。

最後はWhite チームです。Whiteは前回に比べて、見違えて団結力が高まりました。リーダー、サブとメンバー全員がよい方向で動いてきていますね。Good jobでした

セリフのとき、「せーの、せーで」という掛け声がちょっと大きすぎるので、次回は掛け声部分はクチパクにしてもらおうと思います。

ようやく最後のシーン8にたどり着きました。最後は9つのmagic stonesを並べ替えるシーンです。最後に完璧なadventureを作ってくれるのは、Whiteのサブリーダーさんですね。よろしくお願いします

そのあとは、子供たちがIt's a Small WorldのBGMにのせて自分の夢を語ります。お知らせと一緒に夢を描くための画用紙をお配りしました。来週の講座のとき、仕上げた絵をお預かりします。自分の絵には、表に自分の名前も入れてくださいね。英語でも日本語でも構いません。

最後に一点、追加でお知らせがあります。



全5回の講座で仕上げる英語劇ですが、スケジュール的に予想したよりも厳しくなっています
来週の講座の後、4時10分ぐらいから4時40分までの30分間、お時間の許すお子様には残っていただき任意練習を行いたいと思います。




保護者の皆様には、たくさんのご協力をいただき、大変感謝しております 発表まであと2週間のご協力をお願い致します。

子供たちは最後まで「疲れた~!」とグチをこぼすこともなく一生懸命やってくれました。

驚いたのは、英語学習経験のない子供たちの頑張りです。前回は言えなかった部分も克服して今回はしっかりと大きな声で担当のセリフを言えていました。英語学習経験のある子も負けていられませんね

来週は台本なしで練習します。今のところみんな台本にかぶりつきですね。どうしてもセリフがおぼえられない人は、自分のセリフ集のところだけ小さく折りたたんでポケットなどに入れるか、メモしてきてくださいね。

来週はいよいよ最後の練習です。俳優、女優になったつもりで、セリフだけでなく演技にも気をくばりましょう

We can do it!

雛あられを心ばかり子供たちに持って帰ってもらいました。子供たちに素敵なことがたくさんありますように





Appendix

Profile

ママとエイゴ/mamatoeigo

ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

Extra

プロフィール

ママとエイゴ/mamatoeigo

Author:ママとエイゴ/mamatoeigo
ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。