FC2ブログ

Entries

フィリピン親子留学 第三弾!

到着した翌日、外部寮から朝7時のバスに乗って初めて英語学校 CPILSに行きました。

街は今にも壊れそうな瓦礫のような家がいっぱい。まるで崖のようなところをくぐって女の子がのぼってきて、これから学校にいく様子でした。

city

道路はカラフルなジープニーがたくさん。一台一台、デザインが凝っていて眺めていると楽しいです。これでもかという感じで人が後ろの手すりのほうまで乗っています。

jeepney

バイクも多いです。一台のバイクに4人も乗っていたりします。ジープニーには一度乗ってみたいと思っていたのですが、外国人が一人で乗るのは危険だそうです。初乗り8ペソでルート内であればいつでも声をかければ降りられるし、便利そうですけどね。タクシーは、初乗りが40ペソです。メーターでCPILSから寮までは60ペソぐらいです。

CPILS到着。警備員さんが3人くらいいて、カードを渡して学校入ります。

CPILS


第一日目のスケジュールです。

朝食:7:00〜8:30
AM:レベルテスト
昼食:12:00〜13:30
PM:手続き&説明、学校案内、アヤラモールで両替&買い物、解散

到着した翌日は、授業はなく火曜日からはじまる授業に向けてのレベル分けテストや説明、事務手続きが中心です。
慣れない朝食を食べ、テスト会場に集まります。

レベル分けテストは大人も子供も英語ができる人もできない人もみんな同じテストを受けます。3歳児でも同じというからちょっと驚きです。リスニングも単語を書いたりするので、文字が読めたり書けたりしないと、点はとりにくいですね。子供には「お絵かきでもしててね。」と、先生もできないことはわかって対応してくれていました。

リスニングも文章を読んだり聞き取った単語を書いたりするので、読み書きの力がないと点はとれないテストでした。ライティングは単語の書き取りや文法的なことが多かったかな。最後に会話の面接があって全体のレベルが決まります。

テストが終わって初めての昼食。この日は休日だったので、食堂も閑散としていました。
2時頃からパスポートや写真などの提出をしたり、書類に記入したりの事務手続き作業をして、午前中の結果が反映された小さなプリントをもらいます。この中にクラスルームの場所や担当先生の名前、使用テキストの名前などのこれからの授業の内容が全部詰まっています。

あすからの授業に向けて、CPILSのクラスルームツアーに行きました。
クラスルームは、1:1、1:2、1:4、1:8などの授業形態別にあちこちに分かれているのですが、授業のたびに移動になるので、慣れるのに時間がかかりました。特に方向音痴な私なので、いつもあっちこっち歩き回っていました。

↓これは、クラスルームのレイアウト図です。

cpils map


4時頃からショッピングモールのアヤラセンターに行って両替所を案内されました。翌日にテキストを買ったり、SSPというフィリピンの英語学校に通うための許可証の費用、1人6000ペソを支払います。親子で12000ペソ、つまり24000円です。テキストや部屋の保証料金2500ペソなども支払うので、最低4万円ぐらいは両替しておくといいですね。私はお土産や外食費用、アイランドホッピングなどのことを考えて、とりあえず5万円ほど両替しました。

セブの2大モールは、アヤラセンターとシューマート(SM)。どちらも巨大モールで1日ではまわりきれません。入口でセキュリティチェックがあります。SMの方がローカルブランド、日用品がたくさん揃っていて、フードコートもリーズナブルな感じです。私はブランドには興味がないのでSM派です。お土産品なども買いやすかったですよ。

↓こっちはおしゃれなアヤラセンターの方です。

ayara mall

この日はアヤラセンターのスーパーでトイレットペーパーを買ったり、マンゴーを買ったりして、買い物初体験をしました。バナナとか20ペソぐらいで12本買えます。マンゴーは1個30ペソぐらいだったかな。1ペソは大体2円です。

banana

スーパーのそばのカフェでウォーターメロンジュース、ティラミス、サンドイッチで腹ごしらえして、アイリンも空腹を満たしご機嫌でした。セブのティラミスは見た目も味も全然ティラミスっぽくなかったけど、ティラミスだと思わなければ外側のスポンジケーキみたいなお菓子とチーズ味ケーキと2回楽しめました。

blog tiramis

ayara game center

ゲームセンターでゲームを楽しんだり、お菓子を買ったりと、子供たちのお楽しみに付き合って、ようやくタクシーで寮に帰りました。初タクシーで妙に緊張してしまいました。

帰りのタクシーは、モールやホテルなどで配ってくれるチケットをもらってから乗るように言われました。ドライバーさんがメーターを使ってくれれば100ペソあれば十分おつりがくるのですが、メーターを使わない悪質なドライバーもいるそうで、そういう悪質ドライバーを防ぐために配っているようです。taxi係の人がチケットに車のナンバーを記入してくれます。これをドライバーに乗るときに見せると少し効果があるそうです。とはいっても、見せたところで途中からメーターを止めてしまうドライバーさんもいましたけど。

taxi ticket

↑悪質ドライバーがいたら、通報するように書いてありました。

アイリンはバタンキュウー。流し台のそばに今日のお買い物品、マンゴーが置いてあります。地元の人は、マンゴーは甘い香りがするかどうか匂いで嗅ぎ分けて買うようです。ちょっと早まってしまいました。

bed


既にお湯が出ないことはクレームを出していたので、今日はまともなシャワーを浴びれると期待していたのですが、やっぱり出ない。あきらめてまた水シャワーを浴びた直後、ドアベルが鳴って出てみると日本人スタッフのMさんでした。お湯の件でエンジニアスタッフを連れてきてよいかとのことでした。

アイリンが寝ている間に二人のフィリピン人技師さんが30分ぐらい格闘してくれていたのですが、結果、部品が壊れているそう。明日部品を買って直すとのことで、お湯は明日までお預けでした。部品を用意しておくのではなくて、その都度買うというのは、やっぱりお国柄ですね。

いよいよ翌日から授業開始です。次回は、レッスンの様子などを書きたいと思います



スポンサーサイト



Appendix

Profile

ママとエイゴ/mamatoeigo

ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

Extra

プロフィール

ママとエイゴ/mamatoeigo

Author:ママとエイゴ/mamatoeigo
ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索