FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5周年記念! Bears English Club 教室発表会

まさにHalloween 直前です。昨日はお菓子の袋詰めをしました。

去年越してきた両親のところに、今日から教室の子供達と一緒にTrick or Treatingに行きます。両親のマンションの庭先を少し飾りつけ、少しはHalloweenらしくなりました。

Halloween Garden

Halloween Garden


今年はjack-o-lantern用の巨大pumpkinを買い忘れてしまったのがちょっと心残りです。

例年は、Halloweenと教室発表会を兼ねてイベントをしていたのですが、今年は会場確保の都合上、11月18日の日曜日にBears English Club 5th Anniversary Partyを開催します。

party案内


教室の子供達は来月のパーティに向けて、それぞれのクラスで発表の猛練習中です。今年の発表会のテーマは、まさにBears English Clubの教室名にもなっているbearです。

実は私のルーツはbearなのです。エッ、なんと、恐ろしい?

生物学的にはではく、姓の話ですのでご安心ください。クマザワが私の旧姓です。

小さい頃からのろまで動きが遅かったらしく、小学生のときにわりと好きだった男の子に、「おまえって、クマみたいだな。」と言われたことがとてもショックだったのか、今でもよーく覚えています。

アイリンがのろまさんなのも、遺伝なのかも


ここからは、11月18日のパーティのお話です。

今年は3組に分かれて、それぞれのグループでbearを表現していきます。

bearというと2種類の正反対なイメージがありますね。Teddy Bearなどのぬいぐるみを象徴するような可愛らしいイメージと、野生の強い熊のイメージです。

未就学児を含めたクラスでは、Teddy Bear, Teddy Bearを可愛らしく披露します。

ちょっとしたstory仕立てになっていて、最初はlittle monkeyで登場して元気いっぱいにFive Little Monkeysを踊った後に変身して Teddy Bearになってしまうというお話です。


Five Little Monkeys Jumping on the BedFive Little Monkeys Jumping on the Bed
(1989/03/15)
Eileen Christelow

商品詳細を見る


子供たちには、Oh no!   I'm not a monkey.   I'm a bear! のセリフを練習してもらっています。

その後は、Teddy Bear, Teddy Bearをフリをつけて歌います。

練習用ビデオのご紹介です。



この歌は、動作の動詞をおぼえてもらうのにおすすめです。替え歌にして、お子さんと遊んでみてくださいね。Teddy Bearの箇所をお子さんの名前に入れ替えて歌うと楽しいですよ。


小2&小3年生クラスは、有名な英語絵本、We're Going on a Bear Huntを劇で表現します。


We're Going on a Bear HuntWe're Going on a Bear Hunt
(2003/01/01)
Michael Rosen

商品詳細を見る


このbearは、獰猛なおそろしいbearのイメージです。しっかり、bearの衣装も用意しました。

子供達がなぜかクマ狩りに行くお話です。grass, river, mud, forest, snowstorm, caveの6つの場面を経験しながら、とうとう洞穴でクマとご対面。それからは、クマに追いかけられながら来た道を戻って、家にたどりつき、ベッドの中で、We're not going on a bear hunt again. と言うセリフで終わります。

草をかきわける swishy swashy という音
川を渡る splash splosh, splash splosh という音
沼を渡る squelch squerch, squelch squerchという音
森を歩く stumble trip, stumble trip という音
吹雪の hoooo woooo, hoooo woooooという音
洞穴を歩く tiptoe, tiptoeという音

英語の音を身体全体で表現する楽しい劇です。


先週、先々週とレッスン後に子供達と場面を表す絵をダンボールに描きました。なかなかの力作になりました。

bear hunt pictures

bear hunt pictures

玄関のdoorは先週作成したので、あと私が作らなきゃいけないのは、洞窟なのですが・・・・さてどうしたものか・・・・。

Youtube動画で原作の絵本がみれますよ。




小3~小5クラスは、Goldilocks and The Three Bearsの英語劇です。


The Three BearsThe Three Bears
(1991/11/30)
Byron Barton

商品詳細を見る


お話の中のクマたちは家族ですが、女の子3人がクマ役なので、Purple Bear, Pink Bear, Blue Bearと色で名前をつけました。

目玉は英語劇の中に挿入したジャズチャンツです。ジャズは英会話のリズムにピッタリなのです。


Small Talk: More Jazz ChantsSmall Talk: More Jazz Chants
(2003/05/29)
Carolyn Graham

商品詳細を見る


通っていたMayuka先生の発音道場で、キャロリン先生のジャズチャンツを練習したのをきっかけに、今年の発表会はこのジャズチャンツに挑戦しようと、5月からジャズピアノも習い始めました。
そして、先週は実際にキャロリン先生からジャズチャンツを教えていただく、貴重な機会に恵まれました。

劇中の様々な場面でジャズ演奏にのせて、子供達が英語のリズムでchantします。

クマといったら歌はやっぱり、「森のくまさん」ですね。これをThe Three Bears風に英語の替え歌にして、最後はGoldilocksとBearsが仲直りする歌詞にしました。


パーティでは子供達の発表の他に、絵本の読み聞かせや英語を使ったゲームを予定しています。

教室生でなくても4歳から小学生までのお子様の参加が可能です。

ご興味のある方は、下記のリンクをクリックしてくださいね。

http://bears.manabos.com/event.htm

Happy Halloween!






スポンサーサイト

フィリピン親子留学 第五弾! レジャー編

あっという間に秋真っ只中ですね。外で友だちと遊ぶのは構わないけど、急に友達を家に連れ込むのはなにかと困ります。家の中も私の練習中の譜面や教材が散乱してるし・・・

ただ今、我が家はようやくハロウィンモードになりました。ハロウィンキャラクター大集合です。

Halloween

Halloween


さて、フィリピンレポート最後の第五弾のレジャー編です。

あれから2ヶ月とは、ホントはやいものです。やること山積みなのですが、ストックがどんどん増えて、処理不能に近づいております

最初の週末はマクタン島のシャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ セブに2泊3日しました。

http://www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort

2週間ずっと寮生活ではせっかくの海も楽しめないので、せめて週末はリゾート気分を満喫したいと思い、事前に予約しておきました。ちょうど私の誕生日の時期だったので、大奮発してシャングリラに宿泊してみました。周辺のホテルと比べて2倍以上の価格差があったので正直かなり迷いましたが、結果的には大満足の二泊三日になりましたー

予約は海外旅行予約サイトのagodaを利用したのですが、後からネットをみるとネットでのagodaの評判は悪評が多くて焦りました。安いだけが魅力とか・・・。とりあえず、何事もなくて良かったです

www.agoda.jp/

他の親子留学組も何かとストレスのたまる寮生活だから脱出したくなるようで、週末はホテルで過ごす方々が多かったようです。

ところでシャングリラですが、12歳未満の子供は保護者同伴なら無料で宿泊できて、保護者が朝食料金を払っていれば、無料で食事ができるようですね。ツインの部屋で娘と二人で泊まったのでこのサービスは利用できなかったけれど、次回家族三人で来るときはツインルームで娘を添い寝にして利用したいと思います。

金曜の授業が終わって宿に帰って荷物を整理したら、寮を出発したのは既に夕方5時近くになってしまいました。タクシーでシャングリラまで30~40分くらいで、400ペソ。きっと、メーターなら300ぐらいで行くんじゃないかな? なんかボラれた気が・・。

シャングリラの魅力はなんといっても美しいプライベートビーチと広いプールですね。部屋に入るとさっそく、アイリンにプールに行こうとせがまれ、ナイトプールをエンジョイしました。9時まで入れるので、夜ついても大丈夫ですね。

night pool

バスタオルを必要なときに何枚でも借りれるのが嬉しいです。広いプールにちらほらと人がいるぐらいで、ゆったりとプールで遊べました。温水プールなので夜でもホカホカ温泉気分です


pool

レストランは、全部で6つありました。到着した日はプールで泳いだ後に、TIDESというレストランで世界各国のお料理をいただきました。お寿司やパスタ、デザートなど、子供にはピッタリですね。

halohalo

デザートコーナーには、フィリピン名物のハロハロがありましたよ。トッピングは好きなものを自由にのせます。日本のかき氷に練乳をかけてカラフルなナタデココやアイスなどでトッピングしたハロハロというデザートがあります。ハロハロってタガログ語で混ぜこぜって意味らしいです。

ハロハロについては、こちらが詳しいです↓ なんでも日本のかき氷が伝わってできたらしいです。

http://nationalgeographic.jp/nng/article/20120621/313386/

ホテルのバスでバブルバスを作り、水遊びで大はしゃぎのアイリンです。平気で2時間ぐらいお風呂に入ることもあるほど、風呂好きなのです。寮でぬるま湯っていうかほぼ水のシャワー環境に1週間耐えてきたご褒美ですね。

bath time

朝食はプールサイドのAQUAというイタリアンレストランでいただきました。アイリンはピザがお気に入りだったようです。プールサイドで景色をみながらの朝食は最高ですね。ゲストが席を立つと鳥たちがやってきて、今度はぼくらの番だよというかんじで、食べ残しをついばみます。

breakfast

2日目もプール三昧です。アイリンは大満足。人魚のように縦横無尽に泳ぎまわります。すごく上手にみえるのに、通っているスイミングクラブはちっとも昇級しないのは、なぜだろう?

AQUAのそばのプールからはビーチの眺めも楽しめます。

beach side

ホテル側には子供用のウォータースライダーもあります。距離も短いし傾斜もゆるいので、高学年には物足りないかも知れませんが、小学生低学年ぐらいまでの子は十分楽しめますよ。

ウォータースライダーはこんな感じです。

waterslider

午前中いっぱいプールの後、お昼は部屋で衛生放送でアニメや映画を見ながらカップヌードル、午後からまたプールととにかくプール三昧の一日でした。

アイリンは午前中と夜と2回もアドヴェンチャーゾーンを利用しました。中でもBig Toyはド迫力。ヘルメットをかぶって滑るスライダーがスリル満点だそうです。

helmet


知らないお友達とも仲良くなって、みんなで鬼ごっこやらかくれんぼをして、汗めっちゃかいていました。

big toy

利用するときは、ソックスと長袖シャツが必要なので、持参してくださいね。利用料は2時間300ペソだったかと。4歳以上から利用できます。

夕食は予約しておいたBUKO BARでハワイアンショーを観ました。お料理は伝統的なフィリピン料理のバイキングです。

dinner


最終日もまたも朝食後に朝プール。せっかくの美しいプライベートビーチなので、お散歩してみました。砂浜からたったに散歩歩いたところにも、たくさんのお魚たちが見えます。最終日なので、アイリンはシュノーケリングもちょこっとトライしてみました。

シュノーケリング

こんなにたくさんの種類のお魚さんたちがいるそうです。中には危険な生き物もいるので、ご注意をば

fish

あっという間に夢の時間は過ぎ、帰りはショッピングモールのSMまで、ホテルのシャトルバスで帰りました。
100ペソで予約して乗ります。タクシーよりも安上がりですし、なんといっても安心です。SM行き、SM↔AYARAと毎日運行しているので、ショッピングモールに行くのも楽チンですね。

ところで、私たちはチェックアウトしてバスに乗る寸前で部屋に帽子を忘れてきたことに気づき、ホテルのお姉さん達にご面倒をかけてしまいました。すぐにチェックしてくれて、その女性がロビーから部屋を走って往復してくれました。あんな長いエレガントな衣装で一生懸命走ってバスに間に合うように届けてくれました。ありがとうございました

シャングリラでの心残りは、有名なCHIスパを体験できなかったことです。予約を試みたのですが週末は予約がいっぱいで当日では無理らしいです。次回は是非チャレンジしたいものです。

寮に帰って現実に引き戻され、さらに一週間の寮ライフを過ごしました。この週はすっかりCPILS食堂はご無沙汰してしまい、夜は日本食三昧でした。外部寮のすぐ隣にある日本食居酒屋の「夢屋」や同じく並びにある焼肉の「若松」にお世話になりました。若松は有名らしく、予約がないと入れないようです。夢屋はいつでもOKですし、日本食ならたいていのものは揃っています。

夢屋で焼き鳥、ししゃも、親子丼、寿司、味噌汁、ウォーターメロンジュース、San Miguel ビールとアイリンと二人だけですごい量を頼んでも1000ペソです。普段は少食のアイリンでしたが、この時ばかりは、恐ろしい食欲でした

日本食レストラン

今も忘れられない味は、グリーンマンゴージュースと、ビールのSan Miguelです。日本で手に入るなら、きっとヤミツキになっていたでしょうね。

san miguel

グリーンマンゴージュースの甘すぎず爽やかな味は絶品です。ビールもアルコール苦手な私でも抵抗なく飲めるほど爽やかテイスト。そういえば、会社員時代に仲がよかったフィリピン人同僚のお父様がSan Miguel勤務でした。Carina、元気かな? 

子豚の丸焼き(レチョン)も香ばしくて美味しかったなぁ。シニガンスープも独特の酸味がたまりません。

レチョン


紫色のアイスクリーム、ウベアイスも美味しかったですね。フィリピンではクッキーやケーキなどお菓子にもこのウベがたくさん使われています。ダイジョという紫色のお芋のことらしいです。

ube ice

最後の土曜日はCPILS主催のアイランドホッピングに行って、シュノーケリングをしました。アイランドホッピングツアーは、人数がまとまらないと決行されないので、お友達同士誘い合って行きましょう。20人ぐらい必要だったかな? 子供も大人も一人1200ペソで昼食付きです。

バスで1時間ぐらいかけてマクタン島まで行って、そこから船で別の島みたいなところにところのそばに停泊した船をベースにシュノーケリングをします。そのあとは船上ランチでシーフードランチでした。あまりにもランチが出てくるのが遅くて、お腹空きすぎてかえって食欲なくなってしまいました。ココナッツを丸ごと使ったココナッツジュースが飲みたかったのですが、私たちのコースには入っていなかったようで残念

参加メンバーはCPILSの生徒達でほとんど日本人でした。美男美女ぞろいの学生さん達相手にオバカなことをしている子供たち(特にアイリンが)に嫌な顔一つせず遊んでくれた学生さんたちに感謝

昼食は今いちでしたが、海の景色とシュノーケリングを楽しみました。アイランドホッピングという単語から連想するのは複数の島をhopするイメージですが、とりあえず1つは行ったという感じでした。

hopping


オバケヒトデ、スゴイ

starfish

アイリンの夏休みの自由研究のフィリピン研究に活用しました。


帰りにバス乗り場でおばちゃんから、アクセサリーを売りつけられましたが、なかなか良い買い物でした。ネックレスは私が利用し、ブレスレットはアイリン、ピアスはお友達のお土産になりました。アイリンは家でいつもつけてます。ピアノ弾くときぐらい外せばいいのにね。

ネックレス


翌日曜日は5時のバスでセブ空港へ出発です。学校がバスを出してくれて助かりました。これに乗り遅れたら自腹タクシーなので、めちゃくちゃ気合が入り、ほとんど寝ないでバスに備えました。

空港のちっちゃな売店でドライマンゴーやチョコレートを買い込みました。SMで買った値段の倍です。お土産はデパートで買いましょう。

おみやげで失敗したのは、旦那に買ったお魚の干物とチョコ。魚は臭いし、しょっぱすぎで捨てました。チョコは帰国して食べてみたらお土産になるレベルではなかったので、今でも我が家に在庫があります。これは非常食のレベルでした。

ChocoNut

小分けで24p入っているのはいいのですが・・・・食べようとするとくだけて形がなくなるのは、なんともいただけない。

ChokoNut


教室の子供たちが喜んだのはドライバナナです。お知り合いへのお土産はドライマンゴーが無難ですね。小分けのビニールパックに詰め放題にしたら、燃えてました

衣類も安いので、もっと買ってくればよかったと後悔。デパートで英語教材をたくさん買い込んでしまって、トランクにスペースがなくなってしまいました。

book


英語教材はほんとに安い。小学校から英語で授業するフィリピンは特に、小学校前の子供に向けた英語教材が充実しています。絵本もたくさんあるし、目移りしてしまいます。日本の小学生までの子供達にピッタリです。

中でも私のお気に入りは、この本です

book

My First 1000 Action Words という動詞の絵辞典です。300ペソという安さでこんな素敵なものが手に入って大満足です。

book

大人でも十分使えるレベルです。1000個の動詞を幼児や小学生が学んでしまうんですね。英語が公用語になるレベルってこういうことなんですね。

日本の英語教室だと名詞ばかりインプットすることが多いけれど、使える英語を育てるには、バランスよく動詞もインプットしてあげないといけませんね。

成田空港でパパさんがお出迎え。最近痩せたらしく、出発前よりだいぶスッキリしておりました。

airport


やっとフィリピン親子留学記事を書き上げました

ヨッシャー、今日も頑張ろう

これからは、Halloweenレッスン、11/18(日)の教室発表会へと全力投球です







Appendix

Profile

ママとエイゴ/mamatoeigo

ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

Extra

プロフィール

ママとエイゴ/mamatoeigo

Author:ママとエイゴ/mamatoeigo
ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。