FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンガルーはまだ続く!

今年もクリスマス時期の恒例行事、娘のカワイこども音楽コンクールの千葉予選が12月24日にありました。終わってようやくホッとしました

年長から挑戦をはじめ4回目の出場になりました。こども音楽コンクールは小3までが対象なので、今回が最後のこどもコンでした。

去年は「こびとの踊り」(平吉毅州作曲)を弾いて、入賞には一歩およばず入選どまりでした。今回も平吉毅州作曲の「カンガルー一家のピクニック」を弾き、なんとか関東大会出場枠の5名の中に入ることができました。70人中5名がオーディション突破の入賞、次点の入選が7名、優秀賞が16名、奨励賞が20名だったと思います。

ピアノオーディション

今年は小学1年生らしき子が3名も入賞していました。小さいのに実力者揃いでした。「リッちゃんの飛行機」や「子ヤギ」、「北国のお話」などが人気の選択曲でした。

アイリンのカンガルーは、最初の方のミスタッチで音抜けがあったのが気になりましたが、軽快なリズムでキープできていて、それなりに自然な強弱、スケールが重くならずに綺麗に弾けたのが勝因だった気がします。

2日前の先生とのレッスンでは、「入賞するって予言すればその通りになるんだよ」、なんて大口たたいていたアイリンですが、今回は直前の練習でもスケールの成功率が低くて、本番では相当緊張したようです。

娘は練習が雑で集中力がないので間際になると私の方が焦ってしまいます。前日の日曜日もいくらハッパをかけても練習せず、17時過ぎにはとうとう練習もせず家出してしまいました。1時間以上経っても帰ってこなかったので、近所のババのところに電話をかけてみたら案の定そこでマッタリしていました。ようやく家に帰って来て小一時間弾きましたが、相変わらず最後のスケールではずして脱線していました。

こんな状態なのに本番では練習を上回る出来で弾けるから不思議です。普段から集中して本気モードで練習するにはどうしたらいいのでしょう?

10月にピアニストの先生からレッスンを受ける機会があって、先生に見事に普段の素行やアイリンの癖を言い当てられていました。

先  生:  練習のとき、トイレに5回とか行ってない?
アイリン:  うーん、4回ぐらいは行くことあります・・・。
       喉が渇いたりするので、麦茶とか飲んだりもするし・・・

これ以外にも得意科目などもドンピシャで当てられました。中でも親や先生のいうことを聞かないというのは、全くもって大当たり。困ったのは自分の弾くピアノの音を聞かないで自分勝手に弾いているということ。私が普段ガミガミ系なので、周囲の音をシャットダウンする術を身につけてしまったのかも。反省、反省

ピアニストの先生からは、絶対にカンガルーを見るよう言われ、千葉市動物公園に行ってオオカンガルーを見てきました。オオカンガルーは、8mぐらいジャンプするらしく走っている時は13mぐらい飛んで時速55kmぐらい出るそうなので、元気なジャンプを期待していたのに、まったく動きがなくて残念! でも子供のカンガルーがお母さんのオッパイを飲んでいたのがかわいかったです

kangaroo milk


物静かで動きのないカンガルーに代わり私達の目を釘付けにしたのは、フクロテナガザルでした。

なんという良く通る響きのある声。
なんという茶目っ気たっぷりさ。
なんという運動能力。

オスの持つノド袋の大きいこと、このノド袋で美声の秘密ですね。思わずビデオに撮ってしまいました。



仲良くしていると思いきや、一匹が突然相方を押し、しばらくそれぞれ興奮状態で曲芸を披露すると再びくっついてきて声の良さを競い合っています。まるで、漫才でした。

fukurotenagazaru_20121227101402.jpg


カンガルーのことはスッカリ忘れて見入ってしまいました。ごめんなさい、オオカンガルーさん

来年4月の関東大会ではまた「カンガルー一家のピクニック」を弾かなければいけません。さらにもう一曲。地道な練習が苦手なアイリンとまたバトルしながらの苦しい4ヶ月を思うと正直ゾッとします。早く自立して自分で練習ができるようになってもらいたいものです。

カンガルーは続きます^^;


スポンサーサイト

Christmas Lessons 2012

クリスマスも終わってしまいましたね。なんだか、今年はクリスマス気分を感じずに過ぎてしまった感があります。今年の最低気温を記録する寒いクリスマスだったそうですね。今も我が家のChristmas treeは輝いておりますが・・・・。 

tree


日本だと25日を過ぎるとすぐにChristmas treeは片付けられて、新年を迎える準備に入りますね。欧米では公現祭(節)の1月6日まではクリスマス気分に浸って、クリスマス飾りもそれまでは楽しめるので片付けはまだまだ先なのです。

いつ片付けようか悩みます・・・・・・

先週は恒例のGingerbread Cookiesを作って、2012年のレッスンを締めくくりました。今年も一年、頑張りました

Gingerbread Cookieは生姜を入れたクッキーで欧米ではクリスマス時に、男の子や女の子の人形の形をしたクッキーが出回ります。生姜は体を温めてくれる効果があり健康に良い食材として昔から重宝されていたのですね。

お気に入りの日清お菓子百科のクッキーミックスを使えば、卵とバターを加えて粉を混ぜるだけで準備万端なのです。味も素朴な味で甘すぎず、焼けた後にチョコペンやトッピングで飾り付けるのにちょうど良いお味が嬉しいです。

cookie maker

生姜は粉末生姜を少しふって香り付けしましたが、子供は生姜はあまり好きではなさそうなので、気持ち程度に入れました。シナモンパウダーもちょこっと入れて風味をつけました。

型抜きはChristmas stockingやgingerbread house, candy cane, snowman, gingerbread boyやgirlなどChristmasの雰囲気いっぱいです。

飾りつけにはカラフルなチョコペンで絵を描き、チョコなどでトッピングをします。今年は豪華に7色のチョコペンを使ってみました。

gingerbread cookies making

焼き時間の20分は、story timeです。The Gingerbread Manの絵本を読みながら美味しい匂いのするのを子供達と待ちました。


The Gingerbread ManThe Gingerbread Man
(1998/04)
Jim Aylesworth

商品詳細を見る


焼きたてのGingerbread Manが、オーブンを開けたとたんに逃げだしてしまい、作った老夫婦や道で出会った人や動物が追いかけてくるお話です。

Run, run! As fast as you can!
You can't catch me.
I'm the Gingerbread Man.


誰にも捕まらないものだから、Gingerbread Manは得意満面でこのセリフを言います。

子供達と一緒に腰に手をあててGingerbread Manのように一緒に言いました。

調子に乗りすぎたGingerbread Manは、一枚も二枚も上手のずる賢いfoxに騙され、いとも簡単に食べられてしまいます。

as sly as a fox

狐は狡猾な人のたとえとしてよく使われますね。同じように動物をたとえた表現としては、こんなのもありますね。

as hungry as a bear

熊のように腹ペコでという意味です。

動物ではありませんが、昆虫のbeeを使用したたとえも有名ですね。

as busy as a bee

目が回るほど忙しいことのたとえに使います。他にもカタツムリのbeetleを使って、as blind as a beetle で 目が見えないや、近眼という意味になりますが、beetleのほかに、 bat, mole, owlでも同じ意味になります。

最近小さい字が読みづらくなって、メガネをつくりました。でも長い間使ったことがなかったので、メガネに慣れず、せっかくのメガネもほとんど役に立っておりません。気がつくと私のメガネをメガネが不要なアイリンがかけているのでビックリします。メガネが似合う子は人気があるらしく、憧れているようです

子供たちのGingerbread Cookiesは、とてもかわいく仕上がりました。出来上がったGingerbread cookiesをSantaにあげると言っていた子もいましたね。

gingerbread cookies

アイリンもSantaにお手製Gingerbread Cookies をあげていました。cookiesのそばには、Please eat us! You can take us home! とメッセージを書き、しっかりSantaにゴマすっていました。ホワイトボードには、Please give me a 3DS software, Tobidase, Dobutsu-no-Mori. と書いてプレゼント要求しておりました。

朝には無事、Santaが来て欲しいものをもらえて、「Santaさんて、すっごくやさしいね!」ですって。

「こんなに親のいうことをきかないのにプレゼントくれるんだもんねぇ。」と、私も激しく共感しました

今日はすでに26日。アイリンは今日から4泊5日で長野県で山賊キャンプに出発です。「働かざるもの、食うべからす!」 が掟らしいので、しっかり働いて逞しくなって帰って来て欲しいものです



Christmas is Coming!

今年もあと少し、Christmasまで、あと二週間。

アイリンがせっせとチョコを詰めたお手製アドベントカレンダーも毎日稼働しております。

advent calendar

英語教室の日は、子供達の分もあるので、グンと容量が増えます

12月に入って、Christmas wreath 作りをしました。

百均大活躍で、土台になるwreathに、子ども達が外で集めてきてくれた松ぼっくりやどんぐり、ツタなどを使って作りました。集める時間がなかった子ども達は同じく百均の造花やリボン、クリスマス飾りなどをつけて作りました。

今時の百均には、グルーガンもあるそうです。すごいですね。105円ではなくもっと高い値段設定になっているものもあるそうですが・・・

我が家のは、母からもらった古いタイプのものですが、1500円ぐらいしたそうです。グルーガンは簡単にいろいろなものがくっつけられるので、とにかく便利です

wreath making


ナチュラルなwreathは、こんな感じに仕上がりましたね。

wreath natural

アイリンのは、これです。

wreath

クリスマスもリースもカタカナが浸透しているので、英語でしっかり覚えましょうね。

wreathの発音は、[ri'ːθ] です。最後にしっかり舌を出して息をだしましょう。

Christmasは、Christ + mas で、イエス・キリストの礼拝 という意味からきています。t は発音しないのでwritingのときに抜けてしまわないよう注意しましょうね

教室では今は、Christmas Song の練習をしています。

今年は ジョン レノン の Happy Christmas(war is over)を上手に歌いたいと思っています。ただ今、ギター練習中です

みんなで歌って、世界平和を祈りましょう









Appendix

Profile

ママとエイゴ/mamatoeigo

ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

Extra

プロフィール

ママとエイゴ/mamatoeigo

Author:ママとエイゴ/mamatoeigo
ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。