FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっちまった! ピアノ関東大会

カワイのこどもコンクールの関東大会がようやく終わりました。12月の予選会から4ヶ月もコンクールに向けて練習してきたので、正直、疲れました。練習しない娘の尻をたたいて、ピアノに向かわせる日々に疲れたというのが正確なところですが・・・

課題曲の「カンガルー一家のピクニック」のほか、選択曲として、田中カレン作曲の「太陽エネルギー」を弾きました。珍しく緊張して指が硬くなって動かなかったと本人は言っていましたが、確かに指が浅く入ってしまって肝心な音が響いて聞こえなかったので、曲の良さが出せませんでしたね。スケールの速弾きがたくさん出てくるのですが、指が鍵盤の上を舐めているだけで音の深みがなかったのを感じました。

田中カレンさんの曲は、地球環境をテーマにしていて、未知な世界へと連れて行ってくれる曲です。
アイリンは今回「太陽エネルギー」を弾いて惨敗したのですが、懲りもせず、7月の発表会でも同じ曲集の「地球」を弾くそうです。

YouTubeにアップされているピアニストの須藤英子さんの演奏を参考にして練習させていただきました。
下記2つ田中カレンさんの「地球」という曲集の中の曲を須藤英子さんが弾いています。





指の力が弱いことや、グランドピアノをうまく弾きこなせていないこと、基本的な音階練習の不足などなど、課題が山積みです。しかも、譜読みができていないのが問題です。私が弾いた曲を耳からコピーして手を見ながら練習してきてしまったので、自分で音符を読む練習をしないままここまできてしまいました。これは私の責任なので、なんとかしないといけません

関東大会には2回目の出場で前回は入賞できなかったので、今回は入賞したいと思っていたようなのですが、本番にまさかの演奏事故をしてしまいました。途中で引き間違えて演奏が一瞬止まったのには、前で見ていた私もビックリしました

全体の半分の子供達が金、銀、銅、努力賞などがもらえて、その他半分の子供たちが選外なのですが、選外の子供達にも奨励賞の賞状がでました。

piano 2013


そんなわけで、入賞などほど遠い結果だったのですが、結果的にはこれでよかったと思います。逆に入賞してしまったら、真面目に練習をしてきた子供達に申し訳ないし、アイリンのことだから、また態度が大きくなって練習しなくても大丈夫と思い込んでしまうことでしょう。

それにしても、関東大会のレベルはとても高くて、実力の違いをヒシヒシと感じました。こどもコンクールはエントリーは小3までなので、アイリンにとってはこれが最後のこどもコンクールでした。今度からは音楽コンクールの方になるので、ますますレベルが上がることを考えると、こういう場で選ばれて弾く機会もこれが最後かなという気もしました。

技術的な課題、譜読みの力、などなど細かな問題はたくさんあるのですが、さらに頭の痛い問題が2つあります。

一つはアイリンが練習に積極的でないことです。コンクール前だからせめて毎日練習するように先生とも約束したのですが、学校から帰ってくるなり外に遊びに出かけてしまい、夜になると疲れて練習どころではなくなってしまいます。それほど練習がイヤならピアノをやめればと言うのですが、それだけは絶対イヤだそうです。ピアノを弾いている自分が好きなようです。クラスの友だちの前で多少自分が上手に弾けるのが嬉しいのでしょうね。

さらに頭が痛いのは、グランドピアノに買い換えた方がよいと先生から言われていることです。私も子供の頃からピアノを習ってきましたが、ずっとアップライトだったのでグランドピアノが必要という考えは毛頭なかったのでびっくりしました。表現力をのばすためにグランドピアノは必要というのが先生のお考えのようです。私も100万円のギターを買った経験があるので、いい楽器を使って練習する価値は理解できるのですが、いかんせん、ピアノは存在感ありすぎですからね。設置スペースがないし、アイリンがこんな調子ですから検討する前の問題なのですが・・・・・多少、プレッシャーになっています。

音楽のある人生の方が音楽のない人生より数倍楽しいと思います。言葉が通じなくても国境を超えて自分を表現できる音楽の意味は大きいと思うので、アイリンには細く長くピアノを続けてもらいたいものです

コンクールの終了を祝って、週末にディズニーランドとディズニーシーに連休に遊びに出かけました。30周年だけあって、激混みのディズニーランドでした。翌日のディズニーシーはそれほど混んでなかったのでゆったりと過ごすことができました。アイリンはアイスキャンディを5個も食べて大満足のようでした

disney sea 2013


スポンサーサイト

2013 Easter から1ヶ月過ぎた!

2013年のEasterは3月30日でした。1ヶ月も過ぎてしまったのですが、ようやくEaster リポート書きます

3月の末にそういえばもうすぐEasterだと気づきバタバタとEaster準備。お菓子を買って、クロゼットからイースターグッズを出して・・・・イースターの日って毎年違うので忘れてしまうところでした

my first easter


今年もクラスごとにEaster Eggsをつくり、Egg Huntingをしました

例年は食紅で一色に染め上げた後に、カラフルペンで自由に絵を描いていたのですが、今回は、2色染め、3色染めにして、いろいろな色の変化を楽しむEaster Eggsを作りました。

Easterレッスンの1週間前ぐらいから、Easterの絵本を読んでいきます。ただ行事を楽しむだけで終わってしまってはいけないので、しっかり英語も学んでもらいます

BearsのEaster絵本の定番はコレ↓です。


Easter (Rookie Read-About Holidays)Easter (Rookie Read-About Holidays)
(2001/03)
David F. Marx

商品詳細を見る



西洋でのEasterの過ごし方がリアルにわかる本です。子供達が興味を持つポイントは3つ。

一番目は、Jesus Christ の絵のページです。死後に生き返ったと言われていると伝えると、エーッ と目を丸くして驚きます

二番目は、様々な絵が描かれたEaster Eggsのページ。ため息のでるような芸術作品のeggsの中に1つ2つ子供達レベルの素朴なものがあって癒されます

最後のポイントは、Easter Bunnyの着ぐるみが大きなバスケットに入ったプレゼントを女の子に渡しているページです。ぬいぐるみやお菓子がたくさん詰まったbasketはまさに子供達の憧れです


二冊目は、My First Easterです。


My First EasterMy First Easter
(2008/01/24)
Tomie dePaola

商品詳細を見る


Bearsでは毎年Easterを祝っているので、my fifth easterだという子もいましたね。

Tomie dePaola のやさしい色合いの絵とシンプルな文章で簡潔にEasterを理解できます。

This is the family coloring the eggs. の文章にはじまり、These are the flowers all around the house. というようにthese are 構文のセンテンスが続きます。最終ページのEgg Huntのページでは、光る素材で塗ってあるeggsを子供達と一緒に見つけて楽しめます。

中級クラスの子供たちは、このパターンの英作文の練習問題に取り組みました。be動詞がareになり、名詞に複数形のsをつけるのを学びました。

今年のEasterEggs作成用の食紅は、amazonで買いました。


ユウキ MC フードカラーボックス 7.25ml×4ユウキ MC フードカラーボックス 7.25ml×4
()
マコーミック

商品詳細を見る


4色入って、お手頃なお値段、オススメです。

いつも余らせてしまうのですが、これなら少量ずつ入っていて使いやすいです。しかも青はなかなか鮮やかな色にならず長時間液につけたりと苦労していたのですが、この青は短時間できれいに染まりました

2色染め、3色染めのやり方は、簡単ですよ

1.普通に卵全体が隠れるくらいのぬるめのお湯(40度くらい)をマグカップに用意します。忘れていけないのは、肝心な卵です。固めにゆでておきましょう。5個、6個同時にゆでる時は40分ぐらい火にかけてから取り出します。

2.着色しやすいように、お酢を大さじ1くらい入れます。

3.最後に着色液を5滴くらい入れて、かき混ぜます。

4.準備OKなら、卵をエッグフォルダーにのせてしずかに沈めて全体がそまるまで待ちます。3分くらい待てばしっかりそまります。

5.卵をそっとエッグフォルダーを使ってとりだし、ペーパータオルなどで水分をおさえて乾かします。

6.次に、スープ皿のような浅めのおさらに、2色目の染液を作ります。
 作り方は一色目と同じですが、最後にオリーブオイルを大さじ1ほど入れてかき回します。

7.オイルが混ざったら、1色で染めたエッグを液の中で転がしながら模様をつけていきます。

8.さらに色をつけたければ、また布で軽くふいてから別の色にエッグを入れて色をつけていきます。

marble eggs

偶然の産物でできる不思議な色の変化を楽しめます。思ったようにならないのがかえって楽しいかもしれません。
中には恐竜の卵のような深みのある色合いを作っている子もいましたね。

Egg Coloringの後は、クラスの子供たちを2チームにわけ、卵を隠すチームと、探すチームで役割分担です。

隠す方は、簡単に見つからないようにといろいろなところに卵を隠していきます。見つける方は、ここでもない、あそこでもない、と一喜一憂しながらEgg Huntingを楽しみます

毎回隠した卵の最後の1個か2個が見つからなくて、どこに隠したのか忘れちゃった と、隠したチームも一緒になって探し始めます。

Tuesday egg hunting

after hunting eggs

Easterのchocolateやcandyを取り出して、ニンマリする子供たちでした

Thu egg opening

Wed egg hunt candy


最後のクラスは7時すぎになるので、真っ暗な庭を懐中電灯をもって捜索しました。裏Easterって感じです

Wed night egg hunting


キリスト教の行事ではありますが、春の訪れをお祝いする素敵な行事として、子供たちも毎年楽しみにしているようです。

W 1640 EGGS


来年のことをいうのは気が早いかもしれませんが、2014年は4月20日です。イースターの日は、春分の後の最初の満月に次ぐ日曜日とされています。


さて、今年もあと7ヶ月。2013年が悔いのない一年であるよう一日一日大事に過ごしたいと思います

ゴールデンウィーク後半、有意義にお過ごしくださいませ


Appendix

Profile

ママとエイゴ/mamatoeigo

ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

Extra

プロフィール

ママとエイゴ/mamatoeigo

Author:ママとエイゴ/mamatoeigo
ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。