FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ

先日の土曜日はアイリンの受賞者コンサートでした。
毎年の行事として出場しているカワイのコンクールを年末に終え、そこで受賞した子供たちが参加するコンサートでした。

アイリンは、今年はよくばって歌のコンクールにもエントリーし、12/21に歌のコンクール、12/25にはピアノのソロで出場しました。

歌の曲は、英語歌詞のある選択曲 Obladi,Obladaを選びました。ちょうど教室のクリスマス会でも同じ曲を歌いましたが、そのときは恥ずかしがっていたのですが、コンクールでは堂々と身体全体で表現していました。これには観ている私たちも圧倒されました。人前で歌うことがとても好きというのが全身から伝わってきました。ヤングアメリカンズのワークショップで舞台で歌うことの気持ちよさを経験しているからでしょうね。

結果は、最高賞の入賞でした。4月に行われる関東大会への出場権をいただきました。
審査基準は歌う楽しさを伝えられているかだそうなので、その点では文句なしで一番だった気がします。

song

Obladi,Obladaといえば、昨年はポールの日本公演があり、その時にも歌われました。日本では人気の高い曲ですね。行きたかったなぁ。次の日本公演があれば、絶対行くぞ




ピアノの方は、去年までのこどもコンクールを卒業し、今年からは小学6年生までの子供達が出場できる音楽コンクールのBコースに出場しました。曲は、ドビッシーのゴリウォーグのケークウォークを弾きました。体が小さいアイリンには、使う鍵盤の幅が広いので不向きな気もしましたが、本人がこれがいいというのでなんとか頑張りました。こどもコンクールの課題曲はやさしいものが多かったので、今回はかなり苦戦しました。私もひと通り弾けるようになるのに2ヶ月かかりました。

この曲、こんなに大きな方が弾くとこんな感じです。



弾く人によってずいぶんと印象がかわる曲ですね。

アイリンは来年度は山村留学を希望しているので、もし山村留学の審査に合格した場合は関東大会には出られない確率が高いので入選狙いでした。結果は希望通り入選に入ることができて、大満足のようです

受賞者コンサートでは、最初のお辞儀を忘れそうになり、舞台袖から「おじぎ、おじぎ・・・」と声かけされていました

flowers

演奏がおわると、舞台でお花をいただけます。

piano

山村留学に行くとなれば、アイリンのピアノとの付き合いもひとまずお休みです。これが最後のコンサートかも知れないと思うと感慨深いです。

山村留学の状況は、ただいま一次の書類審査にとおったところです。今週末に親子三人で親子面談合宿に行ってきます。合格発表は3月なので、まだまだ4月からの生活は未定です。この中途半端な感じがあと1ヶ月以上も続くのが耐えられません。でも、受験生ってみんなこうなんですよね。

ガンバレ、受験生



  
スポンサーサイト

Christmas Party 2013

2013年のクリスマスパーティの内容をアップしていないことに、今頃気がつきました。
私の時計はどうもまだ2013年のままのようです・・・・

2013年、12月1日の日曜日にBears English Clubの6回目の発表会をChristmas Partyとして開催しました。今年はすべてのクラスで英語劇に挑戦しました

事前準備やお片づけも、保護者の皆様のボランティアを募り、いつものように家庭内工業ではなく、子供たちのパパさん、ママさん、そして子供達のパワーを借りて、短時間で行うことができました。今回一番の収穫でした

いつも南町共栄会館をお借りしているので、他の場所はどうかとハーモニープラザやその他の民間施設もあたりましたが、価格面、広さ、自由度の高さから、今年も南町共栄会館にて開催しました。

会長さんも昨年までの会長さんから変わってちょっと心配したのですが、鍵の受け渡しなどで融通をきかせていただき、滞りなく進行することができました

肝心なパーティの内容ですが、予想外の事が2つありました。

1つは、キーボードに録音してあった伴奏の曲が本番スタート直前に消えてしまったこと
心が凍りつきました。そういえば、本番前に子供達がキーボードを触っていたので、クリアーされてしまったのでしょう。次回はキーボードの管理を厳重にして徹底せねば

2つ目は、当日不参加のお子さんが出てしまったことです。三匹のこぶたの劇のぶたさんが一匹いなくなってしまう

病気ですから仕方ありません。私が代役をやるしかないと覚悟を決めました。しかーし、覚えようとしたのですが、他の準備や何やらで全く頭に入らず、これは台本見ながら読むしかないと腹をくくりました。

本番は空手や柔道の試合のお子さんがいたので、安全をとって16:40スタートでした。午後からは、それぞれのクラスのリハーサル時間になっていました。

リハーサルをなんとかこなし、いよいよ本番スタート

1.一休さん「毒の水飴」

小2から小5の女の子による一休さんの劇でした。

Ikkyu

Ikkyu

子供達は浴衣姿から体操着、それからまた浴衣へと着替えが大変でした。そのせいで、時間が大幅にずれ込んでしまいました。
私が欲張りすぎたのがいけなかったですね

子供たちが一番頑張ったところは、人称代名詞と疑問詞のリズムに合わせて体操をする場面です。最後に3段の組体操が圧巻でした。これって、英語とは関係ないですが、こういうお楽しみがあったおかげで、毎回楽しく練習できました

浴衣姿の子供達がいつもは姿勢など気にしないのに、裾を気にして女の子らしさ満開でした
長い劇のセリフをしっかりおぼえて、子供達も満足していた様子でした。

2.The Hats

5年生のHくんとアイリンのペアで the Beatles の Obladi, Oblada と、Hello Good-bye を歌いました。

The Hats

二人でhatsをかぶったので、グループ名をThe Hatsにしました。
一休さんの劇の中でもクイズの出題に、famous English teachersとして参加してもらいました。

二人とも練習のときはノリノリすぎて、私が「それはないんじゃない」って言うほどだったのですが、本番は間近に観ている観客の皆さんを前にnervousになってしまいましたね。

とはいえ、すべて英語で2曲、歌いきってくれました。アイリンが、2番の最初に、I say high. と歌うところを、You say high. と歌ったのでHくんがI say low. と機転を効かせてくれました。Good job!

3. The Very Hungry Caterpillar

有名なEric Carle の「はらぺこあおむし」に、beetle とdragonflyのお友達ができた脚本にアレンジしました。

前半は、Sちゃんfamilyのチームワークが素晴らしく、観ている人みんなを感動させてくれました
ママのnarration、パパの果物屋さんに支えられて、大きな声で愛嬌たっぷりのcaterpillarを堂々と演じたSちゃんに
ひきこまれました。9月からご家族で何回も練習したようです。Sちゃんは全員のセリフをいち早く覚えて、セリフを間違うと、すぐに指摘してくれましたね

Little Caterpillar

後半を盛り上げてくれたのは、入会して間もない小1ペアのYくんとMちゃんでした。二人がお腹のすいたcaterpillarのためにa big green leaf を探して持ってきてくれました
後半は蛹からbutterflyへと大変身、What's happening? と言って逃げる二人。最後は、3人で仲良く、Insect Songを歌ってくれました

Insects


4. See You Later, Alligators!

小さい頃から仲良しのKくん、Sちゃん、Aちゃんは、息のあったワニさんの劇を披露してくれました。

See you later Alligators

試行錯誤の末に完成したワニの被り物が、とっても似合っていました。3人で相談して服もgreenに統一してきたそうです。
英語をスタートして1年と短期間ながら、たくさんのセリフを自分のものにしていました
繰り返しのフレーズの、See you later, Alligator! Ina while, crocodile! がとてもかわいかったです。

5. The Three Pigs

英語劇を何度も経験した経験豊富な高学年グループによる劇です。助っ人のAちゃんとアイリンを迎え、5人で演じました。
こぶたの一匹が当日参加できなくなり、思ってもみなかった大ピンチでした
そのピンチを救ってくれたのが、SちゃんのいとこのMちゃんとnarratorのAちゃんでした。演技はMちゃんが、セリフはAちゃんがカバーしてくれることになりました。

three pigs

みんなのなかで一番小柄なアイリンが似つかわしくないwolf役でした。a big bad wolf というより a little funny wolfって感じでしたが・・・

全員が経験者、しかも英語力もピカイチのクラスなので、劇の練習というよりは、レッスン後の小道具製作に一生懸命でしたね

そのかいあって、とても素敵なthree housesが劇に映えていました


盛りだくさんの劇で、終了時間が1時間も延びてしまいました
いつもながらに、私が欲張りすぎてしまいましたね。反省しております。

最後まで見守っていただいた保護者の皆さん、本当にありがとうございました

子供達の頑張りには、毎回感動していますが、今回はピンチを乗り越えるチームワークの力をたくさんみせてくれました。
最後まで一緒に頑張ってくれた子供達に、感謝です


発表会終了後も行き場をなくし廊下に放置されていた大道具小道具一式も、年末ギリギリに近くに倉庫を借りることにして、なんとか引越しました。ひとまずやれやれです・・・・・

Bears English Clubは、2014年も引き続き、子供の英語力を伸ばすために頑張ってまいります。応援よろしくお願いいたします

2013 Christmas






Appendix

Profile

ママとエイゴ/mamatoeigo

ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

Extra

プロフィール

ママとエイゴ/mamatoeigo

Author:ママとエイゴ/mamatoeigo
ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。