FC2ブログ

Entries

キレない心を育てるために!

パフォーマンス心理学が専門の佐藤綾子さんが書いた「キレない心を育てる! 親と子の自己表現37のコツ」を読みました。

キレない心を育てる!キレない心を育てる!
(2004/10/13)
佐藤 綾子

商品詳細を見る


親と子それぞれが、トラブルが起きたときに感じる不満や反応や怒りといった感情を、「キレる!」という情動に直結せずに、元気な声と明るい笑顔というプラスの自己表現に変え上手に人に伝えていくために、実行に移した方がいいことがたくさん書かれていました。

私自身日ごろは穏やかなのに、自分の子供との会話になるとすぐにカッとしてしまうことがあり、なんとかうまくコミュニケーションできるようになりたいと常に思っています。

この本はそんなときにどのようにしたらよいか、子供がコミュニケーション上手になるには子供と親が日頃からどのようなことに気をつけていけばいいか、とてもわかりやすく書かれていました。

対話型コミュニケーションにおいてアイコンタクトなどの非言語コミュニケーションの占める重要性にもあらためて気づかされました。

なかでも、スマイルの効用については予想以上でした。

1.相手の警戒心を解く

2.親密感を伝える

3.相手にやる気を起こさせる

スマイルにはたくさんのプラスパワーがあるのですね。スマイルがいっぱいの先生が人気がある理由がわかりますね。

著書の中で有名なニーバーの祈りが引用されていました。

<神よ、 変えることのできるものについて、 それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、 それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、 変えることのできるものと、変えることのできないものとを、 識別する知恵を与えたまえ。>

他人数クラスの日本の教育環境では、子供のほうから積極的に「助けて欲しい」というメッセージを発信しなければ、指導者は助けてあげることができません。

親は子供に日頃から、

「自分でできることはやってごらん。でも、できないことについては、どんどん周りの人に教えてもらいなさい。教えてもらってもわからないときは、よくわからないから、もう一度言って!と聞き返せばいいのよ。」

と、教え込んでおくことが必要ですね。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://mamatoeigo.blog110.fc2.com/tb.php/166-fb6f2d6b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

ママとエイゴ/mamatoeigo

ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

Extra

プロフィール

ママとエイゴ/mamatoeigo

Author:ママとエイゴ/mamatoeigo
ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索