FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://mamatoeigo.blog110.fc2.com/tb.php/268-2da6c8c0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Happy Easter! まだイースター期間だ!

怒涛の5週連続英語劇講座からあっという間に1ヶ月半です。新年度もスタートし、Bears English Clubの子供たちの中にも進級して新たなクラスで学び始めている子供たちもいます。新しく英和辞書を使い始めたクラスでは、まだ辞書引きに慣れず時間がかかってはいますが、一つひとつの言葉との出会いを大切に、日々発見を重ねながら学ぶ姿勢を身に付けて欲しいと思います

今年のEaster Sundayは4月8日でした。イースター期間はEasterSundayから50日続きますから、まだまだイースターをお祝いをしていてもいいですよね。

Colorful Eggs

Bearsの子供たちもEaster Sundayの直前、直後にクラス内でEasterをお祝いしました。キリスト教のお祭りですが、春は新しいことがたくさんはじまってなんだかドキドキワクワクする季節なので、春の到来をお祝いするのはとても自然なことのように感じます

レッスンでは、Easterの絵本を読んで、Egg ArtやEgg Huntingを楽しみました。



Easter (Rookie Read-About Holidays)Easter (Rookie Read-About Holidays)
(2001/03)
David F. Marx

商品詳細を見る


Easterのことがリアルな写真でわかるので、いつもこの絵本を読んでEasterの説明をしています。中にでてくるカラフルエッグの写真に子供たちもびっくりです。


Blue Eggs

あいにくの雨で外でEgg Huntingができなかったクラスもありましたが、インドアでも思いっきりはしゃいでいた子供たちでした。

Easter Hunt

小学生の女の子クラスはHuntingよりもじっくりEgg Artを楽しみたい感じだったので、Egg Huntingをカットして製作に時間をかけました。

Easter Bags

Easter Eggs


今年は海外のEgg Art用染液を試し買いしたので、普通の食紅と比較してみました。食紅の青は時間がかかり染めても藍色になる程度なのですが、海外のタブレット型の商品だと、あっという間にsky blueに染まるのがいいですね。


イースターにちなんでウサギが主人公の絵本をご紹介します。ウサギは多産なので新しい命のシンボルとしてEasterには欠かせません。私は昨年から手作り絵本倶楽部に所属していて、毎月1回のペースで会が開催されてます。コツコツと製作ができないタイプの私は作品のかわりに絵本をご紹介してきました。


What Makes a Rainbow



What Makes a Rainbow?: Pop-UpWhat Makes a Rainbow?: Pop-Up
(2012/01/01)
Betty Ann Schwartz

商品詳細を見る


虹の色が七色というのは世界共通ではなくて国によって違うのですね。六色の虹をリボンが表現してくれます。リボンに触って楽しみながら、最後は大きな虹が出てくる仕掛け絵本です。英語を学びはじめたばかりのお子さんが色の単語を学ぶのにはもってこいの絵本です。


I am a Bunny


I Am a Bunny (A Golden Sturdy Book)I Am a Bunny (A Golden Sturdy Book)
(2004/01/13)
Ole Risom

商品詳細を見る



Richard Scarry のイラストで四季の移り変わりを可愛らしくとても美しく表現しています。絵本の中に登場する生き物や葉っぱを数えたりしながら素敵な時間を過ごせます。


The Golden Egg Book



The Golden Egg Book (Big Little Golden Book)The Golden Egg Book (Big Little Golden Book)
(2004/01/13)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る


大きな卵型のレイアウトの中にお話が描かれています。とても美しいイラストです。文章はGood Night Moonや、The Important Bookなどで有名なMargaret Wise Brownです。うさぎと生まれたばかりのひよこの心温まるお話で読み終わるとホンワカします。


絵本倶楽部の皆さんも気に入ってくださったようです。ご本人はもとよりお孫さんに紹介したいと話してくださった方もいました。考えてみると一生の中で絵本との出会いは、子どものとき、母になったとき、孫ができたとき、と、3回もあるんですね。


ところで、5/3から5/5までの連休中、上野の中央噴水池広場付近で上野の森親子フェスタが開催されます。絵本、児童書など約4万冊の書籍を読者謝恩価格で販売されるほか、読み聞かせイベントも開催されるそうです。お子さんとの素敵な本との出会いを求めに、お出かけになるといいかも


詳細はコチラ


素敵な連休をお過ごしくださいね



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://mamatoeigo.blog110.fc2.com/tb.php/268-2da6c8c0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

ママとエイゴ/mamatoeigo

ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

Extra

プロフィール

ママとエイゴ/mamatoeigo

Author:ママとエイゴ/mamatoeigo
ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。