FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C116]

合格おめでとう!さすが、ガッツあるなぁ。尊敬します!私は、20代に数回受けたきり、遠ざかってます。英語が大嫌いだった同い年のいとこが、ご主人の留学についてアメリカに住んだのをきっかけに猛勉強して受かり、父に、見習ったらどう、と言われた時は、悔しいと思ったんですが…。英検二次対策は、TOEICスピーキングテスト対策にも通じるものがありますね。
  • 2015-12-18
  • 投稿者 : Mari
  • URL
  • 編集

[C117]

Mariちゃん、ありがとう! いつからでも遅くないと思うよ。私もこの歳になって娘やほかの子供たちに負けたくなくてはじめたので。それにしても1年があっという間にすぎるよね。私はあっという間に過ぎていく時間に抵抗する意味で勉強してる気もする。英検も会場には私たち世代よりもっと上の方々がいっぱいいて心強いよ。来年はせっちゃんも里帰りするかもしれないから、会えるといいね!
  • 2015-12-19
  • 投稿者 : ママとエイゴ/mamatoeigo
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://mamatoeigo.blog110.fc2.com/tb.php/336-b3e21986
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

英検1級の二次試験にビビる!

英検準1級は今から30年以上も昔に取得しているのでまったく記憶にありません。大学のとき1級を受けたことがありましたが、歯が立たずそれっきりになっていました。当時は英語を教える仕事をするのは想定外だったので、必然性もなかったのですが・・・・・。

今は英語を教えているし、英検指導もしているし、やはり1級はあった方がいいと思い、「娘が山村留学している間にチャッ、チャッとやっつけてしまおう!」と目標を立てたのですが、簡単に受かるほど英検1級は甘くなかったです。

2014年度の第1回英検から受けては落ち、受けては落ちを繰り返し、夫に「いい加減にして!」と言われておりました。
ちなみに英検1級の一次試験は113点満点で70%付近の78点ラインぐらいが合格最低点です。

語彙のトレーニングやニュース英語のPodcastを聴いたりしていました。vocabularyを増やすと4技能のいろいろな面で効果があるようです。そのうち不合格Aになって2015年度第1回では79点でした。このときの合格最低点は無情にも83点でした。やっと前回10月の一次試験では89点で初めての一次突破でした。合格最低点はまさかの85点でした。それにしても、こんなに合格最低点がうなぎ上りになっていくとは、受検者はたまりませんね

英検は4技能をバランスよく診断してくれるので、合格者のリピーター多い気がします。今年度からCSEスコアが導入され、英語力が国際基準規格のCEFR基準で判定できるようにり、よりレベル判定がわかりやすくなりました。

一次を突破すると、約2週間後には二次試験です。英検1級の二次試験といえば、速攻2分間スピーチです。
1分間で社会問題とか国際問題、環境問題などの5つのトピックから1つを選んで、2分間で論理的なスピーチをして、それについての質疑応答という流れです。

こんなのできる人いるのってくらいハードルが高いので2週間の準備期間ではまず歯がたたないと思いました。しかも前日の夜は娘の留学先のお祭りで長野にいるから翌日の東京受検は無理だし・・・・。イヤなものから目をそむけ後回しにしたいという欲望がムラムラ・・・・・っと漂ってきました。

ところが 夫が、「絶対に今回1回で受かって!」と言うのです。夫のたっての頼みとあらばしょうがない。2週間後の二次試験に立ち向かうことにしました

長野県の飯田駅からでも早朝高速バスで移動すればなんとか到着できそうな名古屋で受けることにしました。英検の二次試験は全国12都市でしか行われないのです。

準備期間がなかったのでオンライン英会話で毎日1回、計12回、二次試験と同じ流れで練習したぐらいで、あとは少子高齢社会とか社会問題の記事や書籍を読み漁りました。何しろ自分の主張が日本語でも言えないので、英語スピーチどころではない状態です

2分間で自分の主張とその根拠を最低2つ、最後にまとめというスタイルで言うべきなのですが、言いたいことの半分も言えないうちに2分経過したり、逆にあまりにもあっさりしすぎて1分で終わってしまったり....なかなか感覚がつかめません。ようやく12回目ぐらいでなんとか2分間のイメージがつかめるようになりました。

オーソドックスな対策としては、主要なトピック100個ぐらいに自分のスピーチを作成して、それを暗唱していつでも使えるように練習するのがいいそうです。まったく同じトピックは二度と出ないようなので、あくまでも汎用性のありそうなトピックのスピーチパーツをうまく実際のトピックにアレンジしてつなげていくという要領らしいです。時間があればそういう練習をしたかったですが、私はまったくできませんでした。

方向音痴と前の記事に書きましたが、実は二次試験会場に行くときにやらかしてしまいました

名古屋という未知の土地で高速バスを降りてから結局1時間20分も歩きました。駅は目立つという先入観からかなり通り越して彼方に行ってしまいました。地下鉄の駅は目立たないってことを忘れていました。

傘さしながらスマホで地図アプリチェックしながら、名古屋って都会的だけれど古き伝統も感じられる街だなぁ・・・と、のんきに歩いてしまいました。と、その瞬間、まだ30%ぐらいのバッテリーが残っていたスマホが突然電源が落ちてしまいました。壊れてしまったかと思ったのですが、とりあえず電源は入り、地図アプリで目的地を確認すると、なんとまったく目的地とかけ離れた場所にいるではないですか ここから歩いて40分とは 集合時間まではあと20分、結局タクシーで試験会場にはギリギリ間に合いました

待合室では長野経由でやってきたので荷物も多く、すでにヨタヨタ状態 それに比べて私の前に座っている少年(小6か中1ぐらい?)のすがすがしい顔ときたら。若いって怖いものなしですね

ようやく私の番が来て、部屋に入ってshort conversationで、How do you feel today? とか聞かれて I'm totally exhausted. まったくもって疲れ果てました・・・・・と言ってことの顛末を愚痴のように話してしまったので、多少同情してもらったようです。

試験官はネイティヴ男性1名と日本人男性1名のコンビでした。

そのほかにも日頃の生活のこととか聞かれました。

一人娘が山村留学に行ってしまっているので、さみしい生活をしているというようなことを言いました。ソフトバンクのヒューマノイドロボットのPepper君を家族にするのもいいなぁ。英語も上手にしゃべれるだろうし、英会話レッスン受けるより費用対効果もよさそう。動物苦手な私でもロボットなら散歩も食事の世話も必要ないし、結構楽しめそう

↑最近本気で欲しくなってきました

そして、恐怖のトピックシートを裏返す時がきました。神様~!言えそうなのがありますように
いざというとき、急に信心深くなる自分です。

消去法でどう考えても言えそうなのが他になくて、政府の規制はこれ以上必要か?というトピックを選びました。情報規制なのか言論規制だったのかも忘れてしまいました。まるで夢の中状態でした。他のトピックは自分にとって意味不明だったので、パス、パス、パス

はじめてくださいと言われても困りますという感じだったのですが、頭は動かないけれど口が勝手に頑張ってくれて適当なことを言えたようです。

言論規制は不要という立場を最初に表明して、その理由を2つ言って、最後にだから私は言論規制はこれ以上すべきではないと結んだ気がします。理由としては、規制を強くすると戦時中のように政府主導で再び戦争などの危険な事態に陥る可能性があること、民主主義国家であるから国民が多様な意見を出していろいろな意見から解決策を見い出していくべきであることを言いました。

質問はネイティブ男性から2つ、日本人男性から2つだったかな? 交互に2,3回質問してきました。

規制を強めることをせずに、どのように社会の秩序を保つべきか?
最近の新聞などの報道姿勢をどう思う?
中東などの政権での動きから規制を強めることは効果的だと思うか?

こんな感じの質問にどうにかこうにか規制反対の立場から答えてようやく終了です。

最後にドアを引いて帰るとき、体からすべてのenergyが抜けてしまっていて自力でドアを開けられずに係の人に開けてもらってようやく退散できました。へなへな~

スピーチで18/30、質疑応答で18/30、語彙・文法で12/20、発音で12/20とれれば、合計60点で合格できます。うまくいってもこのラインギリギリだと思っていました。

その後、合否結果をwebでみたところ65点で合格できていました。質疑応答と発音で多少加点がありました

英検1級の二次試験は一次免除で最大4回受けられます。きっと何回か受けることになると覚悟していたので拍子抜けしてしましたが、ようやく喉につかえていた小骨がとれたような気がします。生徒たちに英検の勉強をするように言っても、自分が成果を出さないといけないなぁと思っていたので。

初めて1級の二次試験を経験してみて二次試験の学習はいろいろな意味でとても奥が深く、勉強する価値があるように思いました。インプット中心の英語学習をアウトプットに転換し、時事問題に明るくなり、論理力を鍛えて脳を活性化してくれます。幸か不幸か2週間しか学習せずに終了してしまったけれど、今後も年1回ぐらいのペースで受けてみようかと思います。

上級を目指す英語学習者はぜひ挑戦してみてくださいね。あきらめないで学習を続けていけば、誰でも合格できます

英検関連の指導で定評のある植田一三先生の著書がうちにはたくさんあるのですが、準1級から1級合格までの学習時間は2500時間とありました。1日1時間の学習なら2500日、約8年で合格できます。私は準1級から30年以上経ってしまいました。全然英語に触れていない時期が結構あったとはいえ、長すぎますね。1日3時間学習したとしたら約2,3年でクリアできます。これぐらいだったら目標にしやすいかもしれません。

いずれにしても、英語学習はが必要です。桃栗三年柿八年、大きな果実を食べるまで上手に育てていきましょう。トキドキ英語生活から、歯磨きと同じようにエヴリディ英語生活にするのがポイントですね。

CEFRという国際基準規格でみると、英検1級合格者のレベルはTOEICだと950点ぐらいと考えられるそうです。私はTOEICも20年以上前に受けたきりなので、来年は本当に950とれるかどうか実験的に受けてみたいと思います。

CEFRに関してはNHKの語学テキストも講座選びの指標として使っていますね。レベルテストもできます。

http://eigoryoku.nhk-book.co.jp/kouza/lesson.html

私の英語道はまだまだこれからです。今ようやく本物の英語という高い山への第一歩を踏み出したところです。そこから見える景色を楽しみに、ひたする前進あるのみです

夢の実現は、毎日の努力の積み重ねの先にある!

宇宙飛行士の山崎直子さんが講演で言っていたそうです。

ところで私の夢って何だろう?  

全然具体的な夢がない・・・・。

しいていえば、30年後もボケずに自立した人間として健康でいたいということでしょうか。

ついでに娘も30年後は41歳だから、彼女自身も自立した女性として社会に役立つ人であってほしいし、家庭を持って子供を産んでほしいと思う。

これって、夢じゃなくて希望ですね

ぼちぼち英語道を追究しながら自分の夢についてもっと考えてみようと思います。

英検1級合格証書

ちなみに英検二次試験会場に行くときに妙な動きをしていたスマホですが、翌日にはボタンが押せなくなり電話にも出られなくなってしまい、再起動不能状態だったので iPhone 6sに買い替えました。


長文をお読みいただき、ありがとうございました



スポンサーサイト

2件のコメント

[C116]

合格おめでとう!さすが、ガッツあるなぁ。尊敬します!私は、20代に数回受けたきり、遠ざかってます。英語が大嫌いだった同い年のいとこが、ご主人の留学についてアメリカに住んだのをきっかけに猛勉強して受かり、父に、見習ったらどう、と言われた時は、悔しいと思ったんですが…。英検二次対策は、TOEICスピーキングテスト対策にも通じるものがありますね。
  • 2015-12-18
  • 投稿者 : Mari
  • URL
  • 編集

[C117]

Mariちゃん、ありがとう! いつからでも遅くないと思うよ。私もこの歳になって娘やほかの子供たちに負けたくなくてはじめたので。それにしても1年があっという間にすぎるよね。私はあっという間に過ぎていく時間に抵抗する意味で勉強してる気もする。英検も会場には私たち世代よりもっと上の方々がいっぱいいて心強いよ。来年はせっちゃんも里帰りするかもしれないから、会えるといいね!
  • 2015-12-19
  • 投稿者 : ママとエイゴ/mamatoeigo
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://mamatoeigo.blog110.fc2.com/tb.php/336-b3e21986
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

ママとエイゴ/mamatoeigo

ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

Extra

プロフィール

ママとエイゴ/mamatoeigo

Author:ママとエイゴ/mamatoeigo
ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。