FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://mamatoeigo.blog110.fc2.com/tb.php/359-800738bb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

教室発表会 2018

今年も3月11日に発表会を無事開催することができました。全員参加が実現できて、ホッとしました 
参加した子供たち、保護者やご家族のみなさん、本当にありがとうございました

今年の劇は5クラスなので、5つでした。

1.Peach Boy (桃太郎)

peach boy fight


トップバッターは、小4、小5、小6生4人で演じたPeach Boyでした。主役のPeach Boyくん、直前にtoothache(歯痛)で演技ができないほどの痛みに苦しんでいましたが、お母さまがお薬を届けてくださり、無事にスタートすることができました

桃太郎のお話をもとに配役やあらすじをアレンジしました。鬼が島に到着したものの結局鬼は出てこず、代わりに仲間だと思っていたdogの本当の姿はwolfだったというあらすじでした。最後は残っていたKibi-dumplingsを食べたPeach Boyと最後までPeach Boyをうらぎらなかったmonkeyの勝ちでした。結局、鬼ヶ島で宝物を見つけて、大金持ちになり、めでたしめでたし・・・ 連続3回のwolf役のY君、wolf役がすっかり板についていました

全員で練習できたのは2月末までで、あとは3人で練習していました。最後はチームワークバッチリの楽しい劇を披露してくれました。

英語劇出演回数も3回目、4回目となる子供たち、さすがでした

2.Urashima Taro(浦島太郎)

urashima last scene


こちらは小5生4人の劇でした。2 girls vs 2 boys ということで、普段の練習では対立することもありましたが、本番はしっかりチームワークを発揮して、まとまった劇をみせてくれました。セリフを間違えても、自分で間違いに気づいて修正していましたね。
しっかり英語を理解している証拠です。やるときは、やる! という対応力をみせてくれました
劇の挿入歌のディズニーの Under the Sea をとても上手に歌ってくれていて、劇にピッタリでしたね


3.What Makes a Rainbow? 
 (虹は何でできているの?)

rainbow_20180401162239b0b.jpg

絵本から劇にした作品です。全員が英語劇初挑戦です。小1生が昆虫や動物でそれぞれの色をアピールし、rabbit役の3年生がお話を進めてくれました。セリフもハキハキと言えて、全員が自分の役割を100%、果たしていましたね 初めてでこの出来とは、本当にスゴイです


4.We're Going on a Bear Hunt
(クマ狩りに行こう!)

bear hunt

こちらも絵本から劇にした作品です。Bear Huntのハチマキをして、元気よくクマ狩りに行くのですが、実際に洞穴でクマに遭遇した後は一目散に逃げ帰ってきます。

今年2回目の英語劇となる小3生。去年よりも英語を聞き取る耳ができてきて、長い文章でもリピートできるようになりましたね。
早々とセリフを全部覚えてしまって、余裕の子もでてきました。みんな自分のセリフを上手に言うことができていました。

私の79才の母にクマ役をお願いしました。苗字が熊澤という名前なので、ピッタリだったかもしれません どうもありがとうございました

5.Three Bears (三匹のクマ)

three bears

英語劇、初挑戦の2人を加えて4人で演じてくれました。Bears Family の Papa Bear, Mama Bearを小5生が、Baby Bearを小3生が演じてくれました。勝手にBear Houseに入って、スープを飲んだりベッドに寝てしまうお転婆の女の子は、小6生が担当してくれました。全員のキャラクターの雰囲気がピッタリ合って、息の合った劇を披露してくれました


11月頃から脚本を準備して12月から少しずつ台本を覚え、1月半ば頃から立ち稽古をはじめ2月に追い込んで、3月の発表会を迎えました。一人ひとりがそれぞれの役割をしっかり果たさないと成り立たない英語劇ですが、子供たち、弱音を吐くこともなく最後までやり遂げてくれました。劇の感想を聞くと、みんな「楽しかった!」と言ってくれました

身近に英語を使う場面はまだまだ少ない日本ですが、英語劇の中で自分の身近な友達や兄弟姉妹が英語を使っている姿を見て、「もっと英語を頑張りたい」と思う子供たちがたくさんいます。

準備から発表、片付けと何かとバタバタして、発表会が終わるとすっかり疲れ切ってしまう私です 歳のせいか、かなり辛いです
教室をスタートしてから今年で12年目、創業当初からずっと続けてきた英語劇発表、とても大変だけれど続けていくだけの価値はあるのかなと思うので、来年も頑張りたいと思います



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://mamatoeigo.blog110.fc2.com/tb.php/359-800738bb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

ママとエイゴ/mamatoeigo

ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

Extra

プロフィール

ママとエイゴ/mamatoeigo

Author:ママとエイゴ/mamatoeigo
ポコのブログにようこそ!

娘のアイリンと一緒に "英語でアート" をコンセプトにした念願のこども英語教室を2007年10月よりスタートしました。
女40代、波乱万丈ですがおもいっきりエキサイティングな人生を楽しみたいと思います。

どうぞ気軽によって休憩していってくださいね。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。